WANDS ウォンズ 2016年2月号目次

<2016年2月号 目次>

 

特集/ビール……………………………………………………………..6〜17

ビール類市場の見通し…………………………………………………………………………….6

ビール各社2016事業方針……………………………………………………………………….9

クラフトビール…………………………………………………………………………………….16

2014世界のビール消費量………………………………………………………………………17

 

特集/南アフリカワイン ……………………………………………..18〜28

民主化から20年を経たワイン産業 …………………………………………………….. 18

ケース・スタディ KWV………………………………………………………………………. 22

ケープワイン・フェア 2015 ………………………………………………………………… 25

注目集める若い造り手 ………………………………………………………………………… 27

 

特集/スペインのカバCAVA…………………………………………32〜51

チャレッロの品種特性…………………………………………………………………………. 32

カバの14ボデガを訪ねる……………………………………………………………………..34

 

UNcork  2015年ワイン界 10大ニュースミッシェル・ベタンヌ…………..4

 

バック・エクストリシモ・セミ・ドゥルセ───────────────30

ベルナール・エルヴェのワイン哲学──────────────────55

バーンスタインの辞書に「妥協」の文字はない ─────────────53

チリのプレミアム「セーニャ」ヴァーティカル・テイスティング ───── 54

WANDSSTREET────────────────────────68〜78

世界の動き────────────────────────── 58〜 61

statistics統計───────────────────────── 62〜67

 

今月の表紙

februaryカバはカタルーニャ以外でも造ることはできるが、その大方はカタルーニャのペネデスで造られている。そのカタルーニャのカントリーハウスを「ラ・マシア」という。フットボールのFCバルセロナはかつてラ・マシアの一軒を若手の選手寮として使っていた。そこから派生して、いまではFCバルセロナの育成・下部組織を「ラ・マシア」と呼んでいる。ペネデスの各地には「ラ・マシア」がいくつも残っており、その中にはワイナリーとして使われているところがある。写真はトレジョで撮ったもので、「山のマシアも海のマシアもあるが、これは農家のマシアだ」と教えてもらった。広い中庭を取り囲む白壁の館の二階が、美しいアーチのある回廊になっている。カバに合うこの地のつまみの定番は、生ハム、イカのフリット、パン・コン・トマテ。生ハムはいつ食べても美味しいし、イカはまるで日本の天ぷらのようだ。ガリガリにトーストしたパンに、ニンニクとトマトをこすりつけ、たっぷりのオリーブオイルで食べるパン・コン・トマテは病みつきになる味だ。マシアで食べるといっそうおいしく感じる。

WANDS本誌の購入&購読はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る