<2016年3月号 目次>

特集/日本のワイン………………………………………..612

日本ワインの生産規模は162万ケースか……………………………………………..6

日本ワイン表示義務化について…………………………………………………………12

 

特集/スピリッツ&リキュール ………………………..1824

日本市場の動向 …………………………………………………………………………….. 18

ホワイトスピリッツの食中酒提案…………………………………………………….. 21

バカルディ主催バーテンダー世界大会 …………………………………………….. 24

 

特集/ニュージーランドワイン…………………………2533

セントラル・オタゴのピノ・ノワール………………………………………..25〜33

 

 

Uncork ボルドー・プリムール 2015年ベルナール・ブルッチ …..

 

ヴィーニョ・ヴェルデ───────────────────────34

2015年フランスワイン&スピリッツ輸出────────────── 38

MHDの2016年販売施策───────────────────── 13

 

WANDSSTREET────────────────────── 47〜58

世界の動き──────────────────────────14〜16

statistics統計──────────────────────── 40〜46

 

<今月の表紙>

セントラル・オタゴの1月末は真夏だった。ニュージーランドの南島にある世界最南端のワイン産地だ。その中心地、リゾートホテルも多いクイーンズタウンで撮影した。この水面は湖で、高い岩山の雪解け水が流れ込んでいるから混じりけが少なく透明度が高い。水深600mともいわれる細長い湖だからか、遊覧船を楽しむ人は見かけたが、淡水浴客はほとんどいなかった。とりわけ紫外線の強い国なので日光浴客も目にしなかった。それに、風景を眺めているだけでも十分心が洗われてしまうのかもしれない。葡萄畑がある場所も、ここと等しい空間が開けていた。葡萄も栽培する人も、さぞ気持ちのよいことだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る