カロリーヌ・フレイが造るカベルネ&シラーブレンド『エヴィデンス・パー・カロリーヌ』

オー・メドック3 級「シャトー・ラ・ラギューヌ」とローヌの「ポール・ジャブレ・エネ」。この両方の醸造責任者を務めるカロリーヌ・フレイ女史が、オー・メドックのカベルネ・ソーヴィニヨンと北ローヌのシラーを50:50の割合でブレンドしたスペシャルキュヴェ『エヴィデンス・パー・カロリーヌ(EVIDENCE

PAR Caroline)』を造った。初ヴィンテージとなる2010 年産が、今春、日本市場でも輸入元・三国ワインから発売された。参考小売価格は5000 円(税抜き)。

 

カベルネとシラーブレンドのワインは世界各地で造られているが、格付けシャトーとローヌを代表するワイナリーがコラボレーションしてこのような試みを行うのは極めて希なこと。さらにまた、“ エヴィデンス(証拠)” というネーミングには造り手としてのどのような思いが込められているのだろうか。

 

「そもそも、このワインの起源は200 ~ 300年前のフランス王室の慣習に遡る。当時の王は主にボルドーを、そして時にはブルゴーニュワインを飲んでいたけれど、当時のボルドーワインは“ クラレット” と呼ばれ、色調は薄いけれどタニックで舌触りは決して良く無かった。そこであるとき、ボルドーワインに滑らかな味わいのエルミタージュをアッサンブラージュすることで、より飲み口の良いワインになることがわかり、“ ボルドー・エルミタージュ”と呼んで愛好することになった」。

「『エヴィデンス』はこうしたフランスのワイン造りの歴史に対するトリビュート、或いはオマージュといえるもので、カロリーヌはこうしたユニークでスペシャルなブレンドを行うことで、スペシャルなワインに対する消費者の関心を満たすことができると考えた」

 

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る