<2016年9月号 目次>

<2016年9月号 目次>

 

特集/秋の輸入ワイン ……………………………………………………………………4〜53

日本市場動向 消費は2年続けて足踏み状態………………………………………4〜6

アルザスワイン 需要旺盛で品不足続くクレマン・ダルザス………………..10〜18

晴天の日のワイン、バルベーラ………………………………………………………….26〜29

ネッビオーロ・プリマ2016………………………………………………………………30〜41

ドイツワインレポートライン河北部の葡萄栽培地をめぐって………………42〜45

 

特集/スピリッツ&リキュール …………………………………………………….. 55〜59

バーテンダー世界大会、東京で 20年ぶり ………………………………………………. 55

ケース・スタディ 和スピリッツと和リキュール ……………………………………. 59

 

uncork/フランスのクレマン人気沸騰 ベルナール・ブルッチ……………………2

連載/ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ ─────────────20〜24

イタリアのクラフトビアフェス ビッロフォルムBIRROFORUM ──50〜53

ベルギービール ────────────────────────60〜62

Close Up/オルネッライア2013年リリース ─────────────7

Close Up/クラウディ・ベイの栽培責任者によるピノ・サロン─────8

 

世界の動き────────────────────────── 46〜48

WANDS STREET──────────────────────   63〜76

Statistics────────────────────────── 77〜88

 

<今月の表紙>

11月の米国大統領選挙で当選するのは誰か。それによって長い間続いた経済封鎖が解除されるかもしれない。キューバはいまその結果をじっと待っている。それを知ってか知らずか、外国人観光客がわんさか押し寄せている。ヘミングウェイが好んだハバナ旧市街のモヒートの店「ラ・ボデギータ・デル・メディオ」は昼夜を問わず観光客でごった返し、お昼時には人が通りにあふれ出ている。南の島に特有の熱く湿った空気がバルのカウンターにも流れ込み、大量のモヒートを手分けして作る二人の額にはじっとり汗が滲んでいる。食品や日用品が配給制のキューバには配給所(ボデギータ)が通りの角々にある。このボデギータは角ではなく通りの中ほど(メディオ)にあったので、この名がついたという。

ウォンズのご購入・ご購読はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る