<2017年2月号 目次>

特集/ビール ………………………………………………………………………………….416

ビール類市場酒税一本化を見据え基幹品に集中………………………………………… 4

ビール各社2017事業方針……………………………………………………………………….8

ホップの香り研究最前線 ………………………………………………………………………16

2015世界のビール消費量………………………………………………………………………68

特集/チリワイン再考 …………………………………………………………………..1732

センティネラ …………………………………………………………………………………….. 18

コヤム    ……………………………………………………………………………………………20

マレア  …………………………………………………………………………………………….. 22

ヴュー・カリニャン VIGNO  ………………………………………………………………. 23

特集/ラングドック・グランクリュの胎動 ………………………………………. 4560

テラス・デュ・ラルザック  ………………………………………………………………… 45

ピック・サン・ルー ……………………………………………………………………………….. 55

Uncork 2016年フランスワイン10大ニュース ミッシェル・ベタンヌ …….. 2

連載 ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ(最終回) ─────── 3444

WANDS street ──────────────────────── 6980

Statistics  ────────────────────────── 6167

 

<今月の表紙>

プリオラートの粘板岩(スレート)土壌は「リコレリャ」とよばれている。ペネデスのミゲル・トーレスがリコレリャで覆われた土地をチリ南部、マウレヴァレーの海岸沿い、エンペドラド村に見つけた。チリではこの粘板岩を「ピサラ」とよんでいる。表土のピサラはリコレリャにとてもよく似ている。青みがかった色合いでとても脆い。手にしただけでパラパラと崩れてしまう。ところが下層の粘板岩は岩盤になっていてとても固い。ミゲル・トーレスは斜面の岩盤を砕いてテラス(段々畑)を作り、そこにブドウ樹を植えた。その際に取り除いた岩盤を小さく砕き、畑のそばに並べておいた。冬の雨と夜間の海霧の滴が石の下に溜まり、そこから草花が芽をだして伸びてきた。(チリ・マウレのエンペドラドで)

ウォンズのご購入・ご購読はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る