2017ベスト・オブ・ワイン・ツーリズム賞決まる

昨年11 月、ポルトのサン・ベント・ダ・ヴィトーリア修道院で2017 年ベスト・オブ・ワイン・ツーリズム賞の授賞式が開催された。

 

2017年の受賞ワイン産地(トラベル・スポット)は次のとおり。

セペルトフィールド(バロッサ)

パガノス(リオハ)

ボルドーのウイナー、マルキ・ド・テルメ

マルキ・ド・テルメ(ボルドー)

フィルハーレヘン(ステレンボッシュ)

ラインヘッセンヴィノテク(マインツ)

スッカルディ(ウコ・ヴァレー)

キンタ・ド・ボンフィン(ドウロ)

トレフェセン(オークノル)

ポルトフィノ・レストラン(バルパライソ)

 

これはフランス・ボルドーに本拠を置くグレート・ワイン・キャピタルズ・グローバル・ネットワークが毎年行っているもの。

このワインに関するグローバル・ネットワークはボルドー商工会議所の肝いりで1999 年に組織された。現在は世界のワイン生産地10 地区で構成されている。

そのメンバーは以下のとおり(ABC 順)。

アデレード(南オーストラリア)

ボルドー(フランス)

ケープタウン(南アフリカ)

マインツ・ラインヘッセン(ドイツ)

メンドーサ(アルゼンチン)

ポルト(ポルトガル)

ビルバオ(スペイン)

サンフランシスコ / ナパ・ヴァレー(米国)

バルパライソ・カサブランカ(チリ)

ヴェローナ(イタリア)

つづきはウォンズ2017年3月号をご覧ください。ウォンズのご購入・ご購読はこちらから

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る