<WANDS 2017年4月号 目次>

特集/2016/2017 日本のワイン市場を読む ………………………………………..224

2016年ワイン市場分析……………………………………………………………………………..2

WANDS誌推計 日本の輸入スティルワイン市場……………………………………….4

2017年予測&原産国別動向……………………………………………………………………….7

業務用市場活性化の特効薬はあるか………………………………………………………….22

(大橋健一MWインタビュー/石田博ソムリエインタビューなど)

2016年フランスワイン対日輸出量……………………………………………………………55

 

特集/酒と料理のペアリング …………………………………………………………..2735

ワインと料理のペアリング…………………………………………………………………….. 27

クラフトビールと料理のペアリング…………………………………………………………32

オールドパーと料理のペアリング…………………………………………………………….33

 

特集/ウイスキー ………………………………………………………………………… 40 54

市場動向ハイボール人気で課税量8%増 ………………………………………………… 40

ビール3社のウイスキー戦略 ──────────────────── 43

『タリスカー』で“スパイシーハイボール” ────────────── 50

宮城峡蒸溜所に「ビジターセンター」新設 ────────────── 47

ビック酒販ランキング ─────────────────────── 53

『ホワイトホース』でつくる“馬ハイ” ──────────────── 48

『ザ・マッカランダブルカスク 12年』発売 ───────────── 54

 

WANDS street───────────────────────── 64〜80

世界の動き───────────────────────────36〜39

Statistics────────────────────────────58〜63

 

<今月の表紙>

春 4月。ほんとうならこのブドウ樹も主芽がふくらんで展葉し、いまごろは萌える若葉が幹を覆っていたはずだ。ところがどうだ。山火事にでも遭ったかのように剪定した切り口と樹の表面が焼けて黒変している。 4月は山笑うと表現される芽吹きと若葉のときだが、同時に晩霜害の季節でもある。風がなく星空のきれいな夜は放射冷却が起きやすい。地面から熱が奪われ、風がないから空気が循環せず冷気が地表に溜まる。新芽や展葉した若葉は遅霜の格好の餌食になる。霜害を防ぐには、事前に水をまいて凍らせ植物の温度を零度以上に保つか、送風機で空気を撹拌して気温の低下を防ぐか、ストーブなど火器を設置して空気を暖めるなどの方法がある。しかし、この樹をよく見ると副芽が伸びて展葉しはじめている。この小さな若葉にも霜の傷跡は残っているが、それでもブドウ樹の生命力は強い。

ウォンズのご購入・ご購読はこちらから  デジタル版もできました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る