<2017年10月号 目次>

特集/日本ワイン………………………………………………………………………………2〜27

甲州種を考える.………………………………………………………………………………2~10

後藤奈美博士に聞く甲州種のルーツと醸造用ブドウとしてのポテンシャル….2

甲州増産に向けた行政施策……………………………………………………………………….5

登美の丘ワイナリーの甲州の取り組み ───7

グレイスワイン甲州ワインのヒエラルキー ─8

耕作放棄地に甲州を 98WINEsの新提案 ─9

専門店から見た甲州ワインの過去未来 ──10

日本ワインコンクール2017 結果発表…………………………………………………11~13

日本ワインコンクール 15周年記念シンポジウム……………………………….14~15

日本ワインの話題 ………………………………………………………………………….16~27

 

特集/スペインワイン …………………………………………………………………….32〜42

ボバルとDOウティエル・レケーナの展望 …………………………………… 32~39

EUワイン関税撤廃で注目集めるD.O.バルデペーニャス ………………….. 40~42

 

特集/ウイスキー ………………………………………………………………………….55〜62

日本市場動向───────────────55

Johnnie Walker 究極のクラフトハイボール──57

三陽物産がモルトウイスキー展示会─────58

ホテル・バーのトップ銘柄は山崎12年────59

レポートカバラン蒸溜所──────────60

秋の夜長にシングルモルト─────────62

 

ボージョレその熟成の可能性について …………………………………………..28〜31

連載オールドパー キッチンラボ …………………………………………………… 43〜45

三和酒類の新提案 麹スピリッツ TUMUGI ……………………………………..49〜53

 

WANDS street …………………………………………………………………………..69〜76

世界の動き……………………………………………………………………………….46〜48

Statistics……………………………………………………………………………………….63〜68

 

<今月の表紙>

6月は高気圧が居座って梅雨前線が北上できず、日本の広い範囲で降水量が平年の50%未満という状況が続いた。そして梅雨入り後もまとまった雨はない。ところが8月になると雨の日が多くなった。台風5号が長野を通過する前日の8月7日、長野県上田にいた。ブドウ畑では忙しく雨の備えをしていた。午前中は晴れていたが、昼過ぎにポツリポツリと雨粒が落ちてきた。山梨県内でもこの台風の接近で7日昼前から雨が降り始め、一部の地域では一日で250mmを超える猛烈な雨になった。8月の東京都心の日照時間は84時間弱で、8月の観測史上最短記録を更新した。9月15日、勝沼へ甲州種を撮りにでかけた。ブドウには厳しい年だと思っていたが、生育が遅れ、ベト病に少しやられた程度とのこと。この畑の樹にはピンク色をした比較的小粒の健全果が付いていた。

こちらからで購入することができます。 WANDSデジタル版もできました!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る