カリフォルニアの山火事一部のワイナリーに甚大な被害

10月8日に発生した北部カリフォルニアの山火事は折からの強風によってソノマ、ナパ、メンドシーノ、ソラノ、レイクなど多くのカウンティを巻き込み、20日現在で42人の死者を数える甚大な被害をもたらした。とくに、サンタ・ローザの町を中心に被害が大きかったソノマ郡では、(いまだ調査中の数字ながら)延焼面積は5300の建物を含む3万6432エーカーに及び、22人の焼死者が出るなど未曾有の災害となっているという。

この山火事はソノマやナパ、メンドシーノのワイナリーおよびぶどう畑にも少なくない被害をもたらしている。

NVV(ナパヴァレー・ヴィントナーズ)が現地時間で18日に発表した情報によると、加盟する550ワイナリーの内、(最も被害が大きかったアトラスピーク、シルヴァラード・トレイルの東側、マウント・ヴィーダー、カリストガを含む)330ワイナリーから安否確認の回答があり、その内47ワイナリーが山火事による直接の被害を受けたという。現地報道によると、特にSignorello Vineyard、Segassia Vineyard、Sill Family Vineyardsなどではワイナリーが全焼した。Stags’Leap Winery では歴史的なマノア・ハウスやワイナリー、セラーは無事だったものの、敷地内の幾つかの建物が全焼。当初、ワイナリーが焼失したとされるWhite Rock Vineyards では、その後の情報で、地下セラーにストックされていたワインとともに大きな被害は免れたようだ。

SCV(ソノマカウンティ・ヴィントナーズ)からは正式な発表はないが、“ぶどう王になったラストサムライ”長沢鼎ゆかりのParadise Ridge Winery ではサンタ・ローザのワイナリーが完全に焼失。グレンエレンのAhh Wineryも壊滅的な打撃を受けた。ロシアン・リバーのAncient Oak Cellars では畑と自宅が焼失。カリフォルニアで最も古い家族経営ワイナリーといわれるGundllach Bundschu Winery では、150年以上の歴史を刻む醸造所は被害を免れたものの、家族が住む住宅を失った。

メンドシーノ郡でも大きな被害が出ており、バイオダイナミックを実践しているFrey Vineyards や、Backbone Vineyard & Winery、Oster Cellars の醸造施設が焼失した。

 

NVVによる最新情報(10月20日付け)

NVV が発表した現地時間18日付けの最新情報の骨子は以下のとおり。

① 山火事による延焼は主にヒルサイドの森林で発生しており、ハイウエイ29とシルヴァラード・トレイルに挟まれたヴァレーフロアへの影響はほとんど無かった。

② ナパヴァレーでは山火事が発生した10月8日までに90%の収穫を終えており、すでに始まっていた仕込も順調に進んでいる。2017年産は高品質なワインとなることが見込まれている。

③ 山火事が始まった時に樹に残っていたのはほとんど果皮が厚いカベルネ・ソーヴィニヨン。山火事発生後に収穫されたぶどうで造られたワインにおけるスモーク・テインテッドの影響については前例がないので、今後、研究所において調査を行う。

④ 前年までに生産されたワインの在庫はほとんど被害がなく、損失は最小限にとどまる。

⑤ 2017年のワインの生産量は例年以下となることが予想されるが、概算予測としては、干ばつや冷害など一般的な農業要因で不作となった年とほぼ同じ程度の収穫量となる見込みだ。ナパのワイン生産量はカリフォルニア州全体の4%にすぎず、ナパのワイン生産量が多少落ち込んでもカリフォルニアワイン全体の生産量にはほとんど影響しない。

⑥ 今後、ぶどう畑によっては植え替えを余儀なくされるところが出てくるだろうが、それがどの程度の規模になるかは現時点で把握できていない。

⑦ ナパヴァレーの支援のためには、まずはナパヴァレーのワインを飲んでいただくこと。復興支援のための寄付は、ナパヴァレーコミュニティ災害支援基金まで。

 

被災地支援ツール

カリフォルニア北部で発生した山火事の被災地支援を目的に、ナパヴァレー・ヴィントナーズ日本事務所の小枝絵麻、若下静両氏が個人的な取組として、ワインボトルや募金箱に貼れるステッカーとデザインデータ(aiファイル)を作成し、希望者に配布している。

このデザインデータは自由に編集し、店名を入れたり、“ナパワインの売上〇〇%を寄付”などのメッセージを入れてカスタマイズすることができる。①ステッカーを空のワインボトルの裏に貼り、一輪挿しとして、あるいは予約席のサインや棚のディスプレイに、②募金箱やキャンドルに貼ったり、メニューブックに挟む、といった利用法が期待されている。

ステッカーとデータの請求・問い合わせは、若下静(携帯:090-6143-1122、email:japan@napavintners.com)まで。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る