<2018年1月号 目次>

<2018年1月号 目次>

2018年酒類市場予測…………………………………………………………………………………4

 

ジンブーム最前線 ……………………………………………………………………………. 6〜12

 

特集/イタリアワイン …………………………………………………………………… 13〜46

日本市場トレンド  2017年大幅減産で9月から輸入急増 ……………………….. 13

イタリアワインガイドの眼 ことしのお勧めワインはこれだ! …………………. 16〜25

イタリアワインの話題 …………………………………………………………………….. 26~40

マァジ ────────────────────────────── 26

フォンタナフレッダ ──────────────────────── 28

ボッテガ ───────────────────────────── 31

パスクワ /サリエ・ド・ラ・トゥール /レ・ラニャイエ ───────── 32

トレディベッリ ────────────────────────── 34

マルケージ・ディ・グレシー/グランディ・マルキ/オルトレポパヴェーゼ 35

ルチアーノ・サンドローネ────────────────────── 36

第11回 JET CUP ───────────────────────── 37

カヴァロット ─────────────────────────── 38

ベルターニ ──────────────────────────── 39

バローネ・ピッツィーニ ──────────────────────  40

 

特集/ブルゴーニュワイン………………………………………………………………..42〜57

サンヴェランとジヴリ………………………………………………………………………42〜50

グランジュール・ド・ブルゴーニュ…………………………………………………………….51

オスピス・ド・ボーヌ………………………………………………………………………….52~54

ブルゴーニュからのお客さま……………………………………………………………..55~57

 

Uncork ワインの味わいと地域性の関連 コン・シモス────────── 2

インド産シングルモルトウイスキーポール・ジョン───────────41

Statistics………………………………………………………………………………………….58〜63

WANDS street …………………………………………………………………………………64〜76

 

<今月の表紙>

10月半ばにヴェネト州に立ち寄った。アマローネで知られるマァジを訪れるためだった。4か月ほどの陰干し期間の前半だったので、果粒にまだたっぷり果汁が残っている状態だった。このアパッシメント(陰干し)の効果は水分が蒸発して濃縮するだけではないと教わった。主要品種のコルヴィーナには酵素の作用で他の品種には無いプラスαが起こっているという。昔の人は、科学的な裏付けがなくてもコルヴィーナには特別な香味が生まれると経験でわかっていたのだろう。思えば、椎茸は天日乾燥すると味わいや栄養価が増すという知識が日本人にはある。椎茸は紫外線を受けると成分が変化するのだそうだ。子供ではないけれど、不思議だと思うことが面白い発見につながる。もちろん、すべてが解明される必要はないのだろうけれど。

ウォンズのご購入・ご購読はこちらから デジタル版もできました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る