<2018年3月号 目次>

<2018年3月号 目次>

 

特集/アルゼンチンワイン …………………………………………………………… 9 〜 27

マルベックの新しい潮流 ………………………………………………………………………… 9

トラピチェ、進取の気象 ………………………………………………………………………… 12

老舗カテナ・サパータの新提案 ………………………………………………………………. 14

テラサス、スッカルディ ────────────────────── 16

トリベント、スサナ・バルボ───────────────────── 18

ドニャ・パウラ、ノートン  ───────────────────── 20

カイケン / カサレナ / パスカル・トソ / フェコビタ / ルナ・アウストラル /ビスタルバ  ─────────────────────────── 22

京料理とエル・エステコの邂逅 ………………………………………………………………. 25

 

特集/ブランデー…………………………………………………………………………29 〜 41

コニャック新時代へ………………………………………………………………………………. 29

パリのブランデー事情 カーヴィストとカクテルバー……………………………….36

ヘネシーの世界観──────────────────────────31

Bar 石の華─────────────────────────────32

コニャックの魅力──────────────────────────33

神戸フレンチハイボール誕生秘話───────────────────35

香港ブランデー事情─────────────────────────41

 

2018年総合酒類企業各社のワイン事業 ……………………………………………. 2 〜 5

世界最大の国際ビオワイン見本市ミレジーム・ビオ……………………………..6 〜 8

世界の動き ………………………………………………………………………………… 48 〜 50

Statistics ………………………………………………………………………………………42 〜 47

WANDS street ……………………………………………………………………………… 51 〜70

 

 

<今月の表紙>

1月。メンドーサのマルベックを取材した。今号で「マルベックの新しい潮流」というタイトルをつけてまとめた。いまちょっと後悔している。なぜか。昨今のメンドーサ・マルベックに現れているのは、新潮流とか新傾向とかいう幾つかの流れのひとつではなく、ワイン造りの総体が新しいフェーズに達したと表現したほうが正確ではないかと思い始めたからだ。それにしてもスッカルディのマルティン・ディ・ステファノの説明は楽しかった。テーブルの上にサブ・リージョンを色分けしたウコの地図を広げ、準備した袋の中から適当な石を一つずつ取り出し、その特徴を説明しながら並べていく。あっという間に立体的な地図になる。インスタグラムは知らないけれど表紙に映えると思った。

ウォンズのご購入・ご購読はこちらから デジタル版も合わせてご活用ください!

関連記事

ページ上部へ戻る