ハバナクラブ カクテルグランプリ2018 江刺幸治氏が出場!

日本大会で優勝を果たしたSPIRITS BAR Sunface SHINJUKUの江刺幸治氏が参加するキューバで開催される世界大会には、40カ国以上の代表が集まるという。規模が大きなコンテストだ。創作した「リブレイク」について、そして世界大会への抱負を聞いた。

 

ラムの魅力

SPIRITS BAR Sunfaceはスピリッツ専門のバーで、中でもラムの本数は多い。もう1店舗ある津田沼の店には1,000本が揃えられ、ラムは350種類以上ある。ラムとは縁があり、ラム専門店で仕事をした経験があり、日本ラム協会認定のラム・コンシェルジュの資格ももち、ラムのイベント「ラム・コネクション」にも協力してきた。

では、ラムの魅力とは何だろうか、と尋ねると「もともと甘党なので」と笑う。まずバーボンから入り、ラムへ興味が移った。「ラムは濃厚で深みがあり、芳醇さが魅力。テキーラもそうだがラテンのノリがあり明るくて『上がるお酒』だと思っている」。

江刺氏は、昨年の9月にキューバを訪れていた。ところが滞在中にハリケーンに遭い、停電して水道も使えない状態になり、いわばホテルで避難生活を送ることになった。その時に現地で多くの人に助けてもらったことへの感謝の念を伝えるべく、オリジナルカクテルを創ろうと考えた。

メキシコには何度も行ったことがあるが、キューバは初の訪問だった。皆とても明るい人たちで、物が少ないながらラム、シガー、そして歌や踊りなどの音楽がいつもそばにある。彼らの元気の素になっているのがラムなのだ、と感じたという。配給品の中にもラムが入っているのだとか。

そして今回ベースとして指定された「ハバナクラブ 7年」は、「熟成感があり力とコクがある。キューバの人々の力強さを反映しているラムだ」。

 

モダンキューバンカクテル「リブレイク」

江刺氏が考案した「リブレイク」は、「クバ・リブレ」あるいは「キューバ・リブレ」として知られる、ラムのロングカクテルのモダンツイストだ。「クバ・リブレ」は偶然から生まれたカクテルで、キューバがスペインから独立して新たな歴史を歩み始めるのを祝した命名で、「キューバの自由」を意味している。

また、「ブレイク」には自由を「切り開く」というだけではなく、お茶の一服、シガーの一服、といった小休止の意味もかけている。

「ダイキリやモヒート系をアレンジしてくる人は他にもいるだろうと予測した。また、コーラはあまり使いたがらないだろうと考えた」。20年ほど前に「ラム・コーク」が流行ったことがあり知られてはいるが、バーではあまり注文が入らないカクテルだという。

加えて、かつてオリジナルのコーラを作った経験もあるため、日本ならどこでも手に入る材料でヘルシーなコーラスパイスを作ってみると決めた。「アロマ」も基準点に入っていたので、アロマの立ち方にも気を遣い、メープルシロップではなめらかさを演出した。

「コーラを一度分解して自分好みに再構築した」。これが、お題の「モダンキューバンカクテル」にぴったり当てはまったのだ。

 

カクテルならでは

バーテンダーの仕事の醍醐味のひとつは、造り手の思いを伝えることにある。もともとは、ストレートで飲むことを薦めていた。しかし経験を積むとともに、そのスピリッツをきちんと理解してカクテルを作れば、ともするとストレートでサービスするよりも、より魅力を伝えられるのではないかと考え始めた。造り手も驚くような魅力を引き出したい、と思うようになった。そのきっかけは4年ほど前からカクテルコンペに出始めてから。色々なお店で飲みながら、自分ならこうしたい、という欲求が湧いてきたのだ。

日本のバーテンダーは、世界の中でもレベルが高いと思っている。それは、日本の食文化のおかげでもあると感じている。日本人の舌のレベルが高く、味に作り方が精確なのだ。加えて、自分たちが教わった日本の先輩方のバーテンダー技術は世界でもトッップレベルだと、別の世界大会に出場した時によくわかった。「今回は幸運にも代表者に選ばれた。練習に付き合ってくれた友人もいる。多くの人から応援してもらっている。だから、絶対に負けるわけにはいかない」。

 

【Libreak リブレイク】

ハバナクラブ 7年               55ml

柚子ジュース                        15ml

メープルシロップ                2tsp

炭酸水                                    適量

オリジナル・ジャパニーズ・コーラスパイス(コリアンダーシード15粒、クローブ2粒、カルダモン1粒、シナモンパウダー5g、ほうじ玄米茶1/2tsp、花山椒1粒、ライムピール1g、レモンピール1g、オレンジピール1g)

ガーニッシュ:シナモンスティック

SPIRITS BAR Sunface SHINJUKU  東京都新宿区西新宿1-13-7 大和家ビル 10F

ウォンズ2018年5月号はカクテル特集です。WANDSのご購読・ご購入はこちらから デジタル版も併せてご活用ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

2018-6-7

Number 260 of our English newsletter WANDS REVIEW

ページ上部へ戻る