<2018年6月号目次>

<2018年6月号目次>

特集/夏のスパークリングワイン

スパークリングワイン市場の動き                …………………………………………………….03

2017年のシャンパーニュ販売状況         …………………………………………………….05

シャンパーニュ・ドゥヴォー        ………………………………………….06

RM生産者大集合! きらめくシャンパーニュ週間               …………………………………………………….08

ラベントス・イ・ブラン        …………………………………………………….13

パラヘ・カリフィカードで再スタートを切ったカバ      ……………………………………………………..14

シャンパーニュ・メゾンの紹介                             …………………………………………………….21
ボランジェ/マイィ/ジャック・ラセーニュ/フィリポナ
キャティア/デュヴァル・ルロワ

特集/ビール改革元年の新商品

キリンビールとスプリングバレーブルワリー     ………………………………………….29

アサヒビールと隅田川ブルーイング        …………………………..32

サッポロ生ビール黒ラベル        ……………………………….34

 

 

特集/ブルゴーニュワイン

グラン・ジュール・ド・ブルゴーニュ2018                          …………………………………………………….37

グラン・メゾンとDIVAの試飲会                     …………………………………………………….44

 

誕生から1世紀 クネのインペリアル       …………………………………………………….46

世界の動き                                      …………………………………………………….47

WANDS STREET                       …………………………………………………….54

ウォンズのご購入・ご購読はこちらから 紙版とあわせてデジタル版もどうぞご利用ください!

 

【今月の表紙】

「これがあのセーヌ川ですか」と思わず聞き直してしまった。橋が架かっていれば10数歩で渡れる川幅で、流れはやや早い。パリの中心地を悠々と横断する姿でも、著名な芸術家た
ちに描かれた河口周辺のイメージでもない。より野趣に富み、生気に満ちている。セーヌ川の、まだ都会を知る前の、初々しさに触れてしまったかのようだ。水源は、ディジョン北西、標高446mの台地にある。これはそこから約90km北西の町バー・シュール・セーヌを流れる様子だ。ここにはシャンパーニュのブドウ畑があり、その生育に好影響を与えてくれる。セーヌ河畔で発展した本格的なブドウ畑としては、おそらくここが唯一だろう。この後はいくつかの支流と交わり、大河となってパリやノルマンディー方面に向けて航路をとる。上流から河口に至るまで、様々な幸と潤いを与えながら流れていく。

 

関連記事

ページ上部へ戻る