Report California Wine/ワイン造りの今と未来をアピールする「カリフォルニア・ワイン・サミット 2015」

ほぼ1週間に亘りカリフォルニア各地のワイン産地を巡りながら、カリフォルニアワインの多様性と品質の高さ、そしてこれからの方向性を探ろうという意欲的なイベントが今年5月に開催された。

“California Wine Summit2015”と銘打ったこの催しを主催したのはカリフォルニアのワイン・インスティテュートと各地のワイン生産者団体。期間中、テーマごとに試飲に供されるファインワインはおよそ400種。しかも、普段はなかなかお目にかかれないようなワイナリーのオーナーやワインメーカーが次々と登場し、自らのワイン造りを語ったり、昼夜の食事会では身近に参加者達との交流を深めるという極めてレアで、豪勢なイベントだ。

今年のイベントには英国デカンタ誌の編集ディレクター、サラ・ケンプ女史なども含み世界11か国から26人のジャーナリスト、ソムリエ、バイヤーが招かれ国際色豊かなツアーとなった。

 

ジョン・フレッドリクソン氏

ジョン・フレッドリクソン氏

1976 年のパリ・テイスティングにおけるカリフォルニアワインの勝利によってカリフォルニアワインは世界の銘醸ワインに肩をなべる産地として一躍世界の注目を集めるようになったが、この50 年間、世界のワイン造りは大きな変革を続けてきた。旧世界、新世界を問わず、葡萄栽培と醸造技術の両面で品質向上の革新が進められ、100 点満点法によるワインの比較評価の普及もあって、品質評価の物差は毎年のように引き上げられている。そして今日、カリフォルニアワインはすべてのプライスポイントでより品質の高いワインが提供できるようになっている」と、ワイン産業のコンサルタントを務めるジョンA. フレッドリクソン氏はサミット冒頭のセミナーで語る。

(冒頭の写真は、ロシアン・リヴァーを望むマックマレーランチの畑)

つづく/これ以降の内容につきましては、「ウォンズ」本誌「9月号」P.44〜48をご覧下さい。WANDS本誌の購読はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る