<2018年10月号目次>

<2018年10月号目次>

特集/日本ワイン・秋編

地理的表示 GI北海道 誕生     …………………………………………………….03

甲州市原産地呼称ワイン     …………………………………………………….05

日本ワインコンクール2018     ……………………………………………………..06

サントリーワインの熟成について     …………………………………………………….09

山梨のMGVsワイナリー     …………………………………………………….10

レスベラトロールとは?     …………………………………………………….11

メルシャン桔梗ケ原ワイナリー再建     …………………………………………………….12

マンズ・スパークリングワインと和食の相性     …………………………………………………….14

 

特集/ウイスキーの新しい時代

ウイスキー市場概観     …………………………………………………….29

家庭で愉しむブラックニッカ     …………………………………………………….33

円熟原酒の富士山麓     …………………………………………………….34

ジェムソンの日本限定ボトル     …………………………………………………….35

スコッチウイスキー2017輸出分析     …………………………………………………….36

ヴォージュの水と風が育むウイスキー     ……………………………………………………..38

 

ブドウ栽培の理想郷 アブルッツォ     …………………………………………………….16

2018年収穫情報(フランス、チリ)     …………………………………………………….24

レミー・コアントロー主催のカクテルコンペ     …………………………………………………….44

世界の動き     …………………………………………………….45

WANDS STREET     ……………………………………………………..54

 

ウォンズのご購入・ご購読はこちらから 紙版とあわせてデジタル版もどうぞご利用ください!

 

【今月の表紙】

アイルランドの首都・ダブリンの中心地をリフィー川が流れる。川沿いの道から一本内側に入るとアイリッシュパブで有名なテンプルバーエリアがある。通りの両側にアイリッシュパブが延々と軒を連ねる。通りは昼日中から観光客でごった返し、店の中からケルト音楽の演奏が漏れてくる。日が暮れると人出がさらに増し、酔客が夜遅くまで大声でわめきたてる。夜明けとともに散歩に出かけると、静寂を取り戻した店の前にはビールのステンレス製ケグが山と積まれている。
「ビアケグや兵どもが夢の跡」(うまい!)。しばらくするとケグが片付き、ようやく店の外観が見えた。テンプルバーの周囲はこんなにきれいな花で飾られていたのだった。(ダブリンのテンプルバーで)

関連記事

ページ上部へ戻る