2018 サントリー ザ・カクテルアワード

昭和6年に寿屋が日本で初めて開催したカクテル・コンペティションは、今年「2018 サントリー ザ・カクテルアワード」として25回目を迎えた。過去最多の応募3,000作品の中から書類審査により30作品に絞られ、さらに試作審査により厳選されたショートカクテル、ロングカクテルそれぞれ6作品が9月27日にしのぎを削った。

ファイナル(最終選考会)は公開審査で、2名ずつ同時に競技しそれぞれの創作カクテルを5分間で5杯仕上げた。ジャッジは、ネーミング、味、見栄え、独創性、将来性の審査員、技術とプレゼンテーションの審査員にわかれ、その総合得点で評価する。各部門から1作品ずつ優秀賞、最優秀賞が選ばれ、最優秀賞2作品から、グランドチャンピオンともいえる「カクテルアワード2018」が選ばれた。

以下に記す課題製品から1アイテムを選び20ml使用しての創作だったが、12作品中6作品がジャパニーズクラフトジン「ROKU」で最も多かった。

ジャパニーズクラフトジン「ROKU」/テキーラ「サウザ ブルー」「サウザ ブルー レポサド」「サウザ スリージェネレーション プラタ」/ウォッカ「ピナクル ウオッカ」/クラフトバーボン「メーカーズマーク」「メーカーズマーク46」

ファイナリストと作品名・ベーススピリッツを競技順に記す(敬称略)

<ショートカクテル部門>

*岩永 一志/福岡県 Bar GITA     Liberación(リベラシオン)・サウザ ブルー

*澁谷 暁典/東京都 BAR エルロン    紫翠(シスイ)・ROKU (六) 最優秀賞&「カクテルアワード2018」

*齋藤 倫生/大阪府 THE LUX BAR   あさつゆ(アサツユ)・ROKU (六)

*長谷川 貴弘/兵庫県 オリエンタルホテル The Bar J.W.Hart   I.NA.SE(イナセ)・ROKU (六)

*石本 匡史/兵庫県 BAR SLOPPY JOE   華雅(ハナミヤビ)・ROKU (六) 優秀賞

*土屋 明日香/岡山県 Salon de Ric’s   Aqua jewel(アクアジュエル)・サウザ ブルー

<ロングカクテル部門>

*三代川 義典/京都府 BAR 奥   Grande Girasol(グランデ ヒラソル)サウザブルー

*渡辺 明子/岡山県 Caffe Bar Kaya   Green Flash(グリーンフラッシュ)・ピナクル ウオッカ

*小野 高啓/新潟県 Bar Porte   Piolet d’Or(ピオレドール)・ピナクル ウオッカ

*中野 賢二/東京都 ホテルオークラ東京   和ごころ(ワゴコロ)・ROKU (六) 最優秀賞

*山田 幸輔/大阪府 Bar, K  verdure(ヴェルドゥール)・ROKU (六)

*古閑 真一朗/福岡県 Bar Éadrom   Bienvenue(ビアンヴェニュー)・ピナクル ウオッカ優秀賞

つづき(澁谷暁典さん、中野賢二さんへのインタビュー記事、レシピなど)はWANDS 2018年11月号をご覧ください。
11月号は「シャンパーニュ&スパークリングワイン」特集です。
ウォンズのご購入・ご購読はこちらから
紙版とあわせてデジタル版もどうぞご利用ください!

関連記事

ページ上部へ戻る