カンパリ・カクテルコンペティション 日本代表は小川尚人さん

カンパリ・グループ(本社:イタリア・ミラノ)の主催するアジア初のカクテルコンペティション日本大会が、11月13日に開催され、小川尚人さん(BAR Elixir de Longue Vie、神戸)が初代日本代表になった。

書類と動画選考で選抜された7名のファイナリストによる決勝大会は、7分のオリジナルカクテル制作と英語でのプレゼンテーションで行われ、カクテルデザイン、ストーリー、ヴィジュアルなど5つの項目の総合得点で順位が決定された。

優勝した小川尚人さんは2019年1月にミラノで開催される予定のアジア大会出場資格を得た。

<優勝した小川尚人さんのコメント>

自分がこのような賞をいただけると思っていなかったので、驚いて言葉が出てきません。

カクテルコンペの経験はあまり多くないが、このような素晴らしいファイナリストに囲まれて戦えたことを幸せに思います。今回のカクテル制作にあたっては、今年9月に亡くなった祖母から幼い頃に聞いた「赤い月」の話を思い出し、カンパリの赤とかけてカクテル名をLuna Rossa(赤い月)としました。

食後に大切な人とゆっくり飲んで頂きたいアフター・ディナー・カクテルですが、自分も祖母ともっとゆっくり話したかったなぁという思いを込めて作りました。1月のアジアファイナルに向けて、またしっかりと準備をして頑張りたいです。

 

<Luna Rossaレシピ>

・CAMPARI         30ml

・ベルガモットリキュール   10ml

・グレープフルーツリキュール 10ml

・エルダーフラワーシロップ  10ml

・生クリーム         15ml

・デコレーション(グレープフルーツピール、ピンクペッパー)

 

 

12月号は「オーストラリアワイン/南アフリカワイン」特集です。
ウォンズのご購読・ご購入はこちらから
紙版とあわせてデジタル版もどうぞご利用ください!

関連記事

ページ上部へ戻る