<2019年3月号目次>

<2019年3月号目次>

特集/日本ワイン
02……新表示基準の影響と課題
12……シャトー・メルシャン
14……安心院葡萄酒工房
16……山形のブドウとワイン
22……山梨と長野のワイン
マルスワイン/シャトー酒折/サドヤ/長野ワイン試飲会

26……国内製造ワインの概況

特集/日本の種類消費
27……地図で見る日本の酒類消費

特集/ピエモンテワイン
35……ネッビオーロ・プリマとグランディ・ランゲ

42……世界の動き
44……ミレジーム・ビオ
52……WANDS STREET
ウォンズのご購入・ご購読はこちらから
紙版とあわせてデジタル版もどうぞご利用ください!

 

【今月の表紙】

日本で家を建てるとき、土木工事をするときには、当該地に祭壇をつくり神職を招いて地鎮祭をとりおこなうのが常だ。工事の無事を祈る安全祈願祭である。神道の儀式だと思っていたら仏式もあるという。長野県椀子にワイナリーを建てた時も地鎮祭がとりおこなわれた。このときのお神酒はワインなのか日本酒なのか。中央に瓶子(へいし)が見えるから、きっと日本酒なのだろう。それでも直会(なおらい)ではワインやビールが振る舞われたはずだ。日本酒はコミュニティの酒で、さまざまな祭事に使われてきた。コミュニティの繋がりが希薄になり祭事が減少するにつれて日本酒需要が減少している。

関連記事

ページ上部へ戻る