カクテルの祭典『TOKYO COCKTAIL 7 DAYS 2019』 4 月 20 日(土)〜 29 日(月・祝)開催

バー&カクテルファン向けのウェブサイト「Drink Planet(ドリンク プラネット)」は、今年で 3 回目となるカクテルの祭典『TOKYO COCKTAIL 7 DAYS 2019(東京カクテル 7 デイズ 2019)』を 4 月 20日(土)から 29 日(月・祝)までの 10 日間で開催いたします。

 

このカクテルの祭典は、日々進化するカクテルの魅力をもっと多くの人に知ってもらおうと国内外の情報を発信している「Drink Planet」が主催となり、東京エリアの有名なバーやレストランなどの参加協力を得て、実施いたします。同様のカクテルイベントはロンドンからはじまり、パリやシドニー、シンガポールなど海外ではムーブメントを巻き起こし、毎年多くの人が押し寄せて話題となっています。「Drink Planet」は 2017 年から日本初となるカクテルイベント「東京カクテル 7 デイズ」を独自で企画し、開催してきました。

4 月 20 日(土)、21 日(日)の 2 日間、今年のメイン会場となる東京・青山の国連大学中庭広場では、ファーマーズマーケットと共同開催のもと、過去最多の 9 ブランドがポップアップバーを展開し、カクテルパスポートを購入した参加者は、無料でカクテルテイスティングやお酒のセミナーが楽しめます。

今年のテーマは「ジャポニカ」

4 月 20 日(土)から 29 日(月・祝)の 10 日間、今年のテーマ「ジャポニカ」に合わせたカクテルが楽しめます。今注目のバーやレストランで活躍するバーテンダーが腕を振るい、「東京カクテル 7 デイズ 2019」のために 特別に考案するクラフトカクテルは、参加の 63 店舗が各 4 種類、計 252 種類となります。カクテルパスポートを購入した参加者は、この期間限定のオリジナルカクテルをスペシャルプライス(1 杯 1,000 円/税・サ別)でお楽しみいただけます。このバーホッピングが楽しめる参加店舗には、昨年秋にオープンして話題の「SG CLUB」(渋谷)や、“THE WORLD’S 50 BEST BARS2018”にランクインした「Bar Benfiddich」(新宿)、「Bar 石の華」(渋谷)など、注目のバーが名を連ねています。

いまや国内のみならず海外からも注目を集める東京のバーが作り出す素晴らしいカクテルを、ぜひこの機会にご体験ください。カクテル通から初心者まで、幅広く楽しめるカクテルの祭典です。

詳細はこちらをご覧ください。

関連記事

ページ上部へ戻る