PBOバーテンダーズ・コンペティション2019 華やかに開催される

↑舞台上のバーで審査員を待つ堀内氏↑

 プロフェッショナル・バーテンダーズ機構(以下PBO)が主催する「PBOバーテンダーズ・コンペティション2019」が、3月17日東武ホテルレバント東京にて開催された。

第1部の〈クリエイションカップ〉は、創作力、発想力、表現力、技術力、味覚を総合評価する、創作カクテルコンペティションで、今回は40名の選手が技を競った。優勝は「Chocolat de printemps(ショコラ・ドゥ・プランタン)」を作った荒さくらさん(Bar Tenderly [東京])に決定した。

第2部の〈MVBカップ〉は、バーテンダーの知力・創作力・技術力・接客能力を含めた総合力を競う。筆記試験とオリジナル・カクテルの調合を行い、ファイナル出場者の5名を選出する。ファイナル出場者は、舞台に造られた模擬のカウンター・バーで、客に扮したゲスト審査員(男性1名、女性1名)に接客し、カクテルや酒の知識をはじめ、さまざまな質問に答えていくため、日常の技術力と知識、接客術が試される。

今回は、女性審査員を名バーテンダーの宮崎優子さんが務めるとのアナウンスに、会場内から喚声があがった。審査では、各ファイナルストが、ジン、ウオッカ、ラムのなどの製造方法や、カクテルの名前の由来、作り方に加え、東京オリンピックの開会式の日時などが問われた。広島県のBar Roverta堀内信輔氏が〈MVBカップ〉を手にした。

その他のファイナル出場者:篠田知宏氏/東京都 [LE CHIC]、柿沼辰弥氏/東京 [Bar 柿沼]、鈴木和行氏/東京 [永楽倶楽部]、髙橋芳明氏東京 [Bar 髙橋]。

WANDS2019年4月号をご覧ください。
4月号は「日本のワイン市場を読む、拡がるウイスキー市場」特集です。
ウォンズのご購読・ご購入はこちらから
紙版とあわせてデジタル版もどうぞご利用ください!

関連記事

ページ上部へ戻る