“日本初のセレブテキーラ”『パトロン バレルセレクト』

バカルディジャパンは、ウルトラプレミアムテキーラ『パトロン』で、ロックバンドLUNA SEAのギタリストINORANがプロデュースした限定ボトル『パトロン バレルセレクトINORANボトル』(abv40%、750ml、参考小売1万2000円)を12月8日に数量限定発売する。販売チャネルはサッポロビールネットショップでのみ。

海外では多くのセレブリティがテキーラをプロデュースしているが、日本人アーティストとしては今回初の試みで、アジア初となる。

都内で行ったローンチイベントで、日本テキーラ協会会長林生馬氏は「日本初のセレブテキーラが誕生した」と語った。

INORANはテキーラ愛飲家として知られ、テキーラ・マエストロの資格を持つ。『パトロン』との出会いについては、「海外でレコーディングした後に乾杯したテキーラが『パトロン』だった。その味わいが格別だったのでずっと忘れられなかった」と振り返った。

今回の限定ボトルは、実際にパトロン蒸留所を訪問し、テイスティングした上で、厳選した単一の樽(アネホ)をボトリング(約300本)した希少なシングルバレルテキーラ。サイドラベルにはシリアルナンバーと同氏がセレクトしたバレルであることを示すサインを入れ、愛用するギターのピックと弦で制作したボトルネッカーを付属した。このシングルバレルの熟成樽は、ボディ(側板の部分)にアメリカンオーク、ヘッド(鏡板の部分)にフレンチオークを使用している。

「100%アガベならではの芳醇な香りと、アメリカンオークから来るカカオやバニラの甘い香りに次いで、後からフレンチオークのアクセントがついたタンニンの感じがとても魅力的」とINORANはコメントした。(A. Horiguchi)

画像:厳選した単一の樽(アネホ)をボトリングしたシングルバレルテキーラのINORANボトル

関連記事

ページ上部へ戻る