チリワイン「アルパカ」(サンタ・ヘレナ)100万ケース到達!

ボトルに金色のアルパカをあしらったワイン「サンタ・ヘレナ・アルパカ」が、輸入ワインで初めて100万ケース・ブランドになった。「アルパカ」はコスト・パフォーマンスに優れ、新鮮な果実味と覚えやすい“金のアルパカ”のアイコンで、2015年の年初からぐんぐん販売量を伸ばした。

 

これまでワインで年間100万ケースを販売したのは、輸入原料を日本でボトリングした製品(ビストロなど)があるだけで、外国産ワインでは「アルパカ」が初めて。また、かつてE&Jガロ社製品の販売量が100万ケースを超えたことはあったが、これはカルロ・ロッシやブーンズなど複数のワイン・ブランドを併せた数だった。

つまり、単一輸入ブランドの年間100万ケース超えは、「アルパカ」が初めて達成した偉業である。

 

「アルパカ」が力強くけん引したチリワインの総輸入量は、2015年の初めからフランスワインを追い抜き、10月までずっと第1位を占めてきた。しかし、11月のチリワイン輸入量は44万ケースで前年水準を大きく下回り、累計でフランスワインに抜き返された。土壇場に来て年間第1位が微妙な状況になっている。すでに12月の輸入量は各税関に計上されており、2月中旬の国税庁発表をじっと待つしかない。

 

ちなみに11月になって首位に復帰したフランスワインの輸入ペースが改善されているわけではない。前年同月比97.2%でボージョレ・ヌーヴォーの輸入量も前年を下回ったもようだ。つまり11月の首位交代は、フランスワインが盛り返したのではなく、チリワインが勝手にコケてしまったからである。焦点は12月のチリワイン輸入量が年間ペースを回復したか否か。これが今年2016年の輸入ワインの趨勢を占ううえで重要なポイントである。(K. B.)

<2015年1月~11月 ワイン輸入量トップ3>

      フ ラ ン ス        5,659,915 ケース     96.9 %
       チ  リ        5,581,566 ケース     118.6 %
      イ タ リ ア        3,767,188 ケース     104.0 %

(画像提供:アサヒビール)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る