2015ボルドー・プリムール/ボルドー大学2015年産レポート

ボルドー大学・葡萄栽培ワイン科学研究所はボルドー・プリムールの販売キャンペーンを前に「ボルドーワイン2015 年産」 と題する恒例のレポートを発表した。

 

bordeauxuniversity

メルロ、カベルネ・ソーヴィニヨンの組成比較 (クリックすると拡大して見れます)

2015 年は質と量の両面で格別なミレジームとなった。

ボルドーの赤ワインが秀でた年になるために必要な5つの条件が完璧に備わった年になった。

 

それは、申し分のない受粉と均質な成熟が行われるように、かなり暑くあまり雨の降らない

天候で、開花と結実が早い時期にスピーディに進むこと(条件1、2)。

色づき前に葡萄樹が生育スピードを減速させ、その後完全に停止するよう7 月が暑く乾いた天候で水分ストレスが徐々に生じること(条件3)。

8 月、9 月の天候が十分乾いて暑すぎず、さまざまな品種が完璧に熟すこと(条件4)。

収穫期間中、ほどよく暖かく、僅かに雨の降る天候が続き、果汁が薄まることなく、カビの心配をせずに最適に熟すのを待つことができること(条件5)。(T. Matsuura)

つづきはウォンズ7&8月合併号をご覧下さい。ウォンズのご購入・ご購読はこちらから

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る