<WANDS 2017年9月号 目次>

<WANDS 2017年9月号 目次>

 

特集/2017秋冬のワイン需要を探る……………………………………………………5〜16

日本市場動向業務用市場の回復遅く、反転増勢の道遠い……………………………5~8

続々来日話題の生産者……………………………………………………………………….. 9~16

アルマン・ルソー/デュモル/エル・エステコ/ビスタマール

ゾラ/ルイ・ジャド/クロード・ネル/トロロンモンド

特集/ボージョレワイン …………………………………………………………………18〜38

クリュ・デュ・ボジョレ探訪 ……………………………………………………………… 18~21

クリュ・デュ・ボジョレの生産者 ……………………………………………………….. 22~38

アンリ・フェッシ/ドメーヌ・ド・ロシュグレ/シャトー・デ・ジャック ほか

 

フランス・ビオディナミの揺籃の地 アルザスのビオディナミ農法……..41〜48

ベルギービールの話題 …………………………………………………………………… 55〜57

世界の動き……………………………………………………………………………………. 50〜 53

WANDS street ……………………………………………………………………………….. 74〜86

Statistics …………………………………………………………………………………………62〜73

 

特集/輸入リキュール  …………………………………………………………………58〜61

専門店の輸入リキュール販売動向……………………………………………………….61&62

日本市場トレンド……………………………………………………………………………………58

 

Uncork ジョージアの在来希少種ブドウ デイヴィッド・コッボルド ……… 2

 

 

<今月の表紙>

夏の空なのに、ブドウ畑は秋のように見える。クリュ・デュ・ボジョレを取材したのは7月17日の週だった。ちょうど1週間前の7月10日の夕刻に雹を抱えた嵐がボジョレ北部を襲った。このブドウは最も被害の大きかったフルーリーの丘の頂の一角で、傷ついたブドウは茶色と化し、葉っぱはまるで大量の虫に食われたようなありさまだった。ほとんど葉が残っていない場所もあった。2017年は、春からずっと天候に恵まれ「健全で」「完璧な」成熟が進んでいたこともあり、被害にあった栽培家はさぞ落胆しているに違いない。保険はかけているのかと尋ねると「結構高いから小さな栽培家には無理」だという。ただ、その後も乾燥した好天が続いているため、残ったブドウは小粒で凝縮した果実が順調に成熟していて、8月下旬には収穫開始の見込みだという。

ご購入・ご購読はこちらから

◎WANDSデジタル版ができました◎ WANDS本誌同様、ご愛顧くださいますようお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る