<2018年7-8月号目次>

 

<2018年7-8月号目次>

特集/米国西海岸のワイン

米国西海岸ワイン市場の動き               …………………………………………………….03

新代表の下で再スタートしたCWI日本事務所       …………………………………………………….05

プリチャード・ヒルのきら星OVID       ………………………………………….06

森林火災を乗り越えて進むソノマとナパ             …………………………………………………….07

デイヴ・フィニーの世界感を反映したオリン・スウィフト        …………………………………………………….15

ロバート・モンダヴィ・ワイナリー      ……………………………………………………..16

ナパの山カベ マウント・ブレイヴ                            …………………………………………………….18

特集/ボルドー・プリムール

多彩なニュアンスを秘めた2017年     ………………………………………….23

シャトー・レイソンの飽くなき探求心        …………………………..32

エノテカが2015年を販売開始        ……………………………….34

 

 

特集/夏のスピリッツ

東京インターナショナル バーショー 2018                         …………………………………………………….44

東京カクテル 7デイズ 2018                    …………………………………………………….49

アルトス バンデラ カクテルコンペティション 2018      ……………………………………………………50

ザ・シーバス マスターズ&ミズナラ マスターズ 2018      …………………………………………………….56

ワールドクラス2018 ジャパンファイナル      …………………………………………………….59

バカルディ レガシー 2018 世界大会      …………………………………………………….60

後閑信吾氏 新店 The SG Club     ……………………………………………………61

アイリッシュ・ウイスキー レッドブレスト     …………………………………………………….64

アサヒビール スコッチシングルモルトウイスキー     …………………………………………………….66

スコッチウイスキー ボウモア    …………………………………………………….68

ジャパニーズ クラフトジン ROKU     …………………………………………………….69

チリワインの新しい動き                                     …………………………………………………….35
モンテス/コンチャ・イ・トロ/コノスル/カサ・シルヴァ

新しくなった工場見学ルート                      …………………………………………………….19
メルシャン勝沼ワイナリー/サッポロビール千葉工場

世界の動き                     …………………………………………………….21

WANDS STREET                     ……………………………………………………77

ウォンズのご購入・ご購読はこちらから 紙版とあわせてデジタル版もどうぞご利用ください!

 

【今月の表紙】

ブドウはブドウ科のつる性落葉植物である。人がブドウを「栽培する」ようになり、特定の剪定法で樹の仕立て方が決まり、今日のようなブドウ畑が出現した。しかし、剪定をせず天然のままにおけば、ブドウ樹は蔓を伸ばし灌木に寄り添い、日の当たるところで実を結ぶ。「栽培」によって人は安定した計画的な収穫が可能になった。しかし、それはあくまでも収穫量の安定であって、品質的に安定しているかは定かでない、と思う。チリの栽培家が興味深い挑戦を試みている。数世紀にわたって放置していたパイスが野生化し、水場に近い灌木
に寄生して実を結び始めた。ずっと放置していたけれど、数年前からその房を収穫してワインにした。案外イケる。収穫量は安定していないけれど、取りあえず野生パイス=パイス・サルバヘPais Salvajeの名前で売ることにした。お試しあれ。

(チリ・マウレ、ブーション・ヴィンヤードで撮影)

 

関連記事

ページ上部へ戻る