ロジャーグラートの長熟力をプロレスで表現すると・・・!? 長州力出演の特別動画2本が公開

今年6月に45年のプロレス人生に幕を下ろした長州力が、今度はワイン業界に殴り込みか? そう思わせるようなソムリエのいで立ちで、ロジャーグラートの魅力を独自の世界観で表現した動画が配信されている。長州力とワイン、ロジャーグラートを擬人化したストーリーという設定に違和感を持った人は、まずは作品2本を見てみると良い。

ロジャーグラート特別動画「Interview with RIKI CHOSHU」編

ロジャーグラート特別動画「誕生!長熟力」編

 

「緊張するなぁ」と言いながらも鮮やかにサーベラージュを成功させた長州力

1882年からの歴史を持つロジャーグラートの最大の特徴は、長期熟成のヴィンテージ・カバであること。長いプロレスラー生活を経て人間としての魅力が滲み出ている長州の人生こそが長期熟成の体現だ、という発想からのブランドアンバサダー起用なのだ。長熟力→長州力という語呂合わせだけではない。

アンバサダー就任の発表会では見事にサーベラージュを決めていた長州。ワインはあまり分からないと言いつつも、撮影前に4種を比較試飲して「好みは白、特にグラン・レセルバジョセップ・ヴァイス」と、違いをしっかり唎き分けていた。ロジャーグラートをプロレスの技に例えるとサソリ固めだと言う。その心は、後からゆっくり効いていく、そして掛けた本人が効いている、と自身のフィニッシュ・ホールドになぞらえた。須佐社長

三国ワインの須佐社長とトーク中の長州力

からの「今日、キレてないですよね?」の振りには「キレてないですよ。でもワインはキレてますよ!」と報道陣へのサービスも忘れなかった。

現在、世界中で1分に1本売れているロジャーグラート。1秒に1本を目指す。(Saori Kondo)

ロジャーグラート

関連記事

ページ上部へ戻る