【特集】泡立つ需要 スパークリングワイン

昨秋からシャンパーニュ、とくにプレステージキュヴェが品薄だと言われ続けている。シャンパーニュの需要供給バランスは、いつ頃平常に戻るのだろうか。あるいは他国、他地域のスパークリングワインがシャンパーニュ市場に食い込んでいくのだろうか。シャンパーニュ委員会に見解を求めた。
また、各国のスパークリングワインの可能性や最新情報も集めた。

取材・文 名越康子(P32~38、P40~41)、柳忠之(P38人物画像、P39)、近藤さをり(P42)

 

シャンパーニュ不足と言われる中
スパークリングワイン需要堅調

昨秋からずっと「シャンパーニュが足りない」と言われて続けている。本当に足りていないのだろうか。また、ほかのスパークリングワインの需要はどうなのか。そして今後はどのような動きを見せるのだろう。各所に取材を試みた。

(続きは本誌に掲載)

続きは、WANDS 11月号
【特集】進化し続けるクラフトジンの実力 泡立つ需要スパークリングワイン
をご覧ください。
ウォンズのご購読・ご購入はこちらから
紙版とあわせてデジタル版もどうぞご利用ください。

関連記事

ページ上部へ戻る