ポーランド産ウォッカ・ズブロッカ リニューアル&新製品発売

ポーランド産ウォッカ「ズブロッカ」から10月26日、新製品2種が新発売された。

『ズブロッカ クリア』(Alc.37.5%。700ml、税抜1180円。500ml、880円)はブランド初のスタンダードなノンフレーバードウォッカ。既存製品の『ズブロッカ バイソングラス』と同様に7回蒸溜し、さらにチャコールとセルロースに加えてプラチナを使いフィルタレーションをおこなった雑味の無いクリアな味わいが特徴。

また、『ズブロッカ バイソングラス』はボトルデザインをリニューアルするとともに、アルコール度数を従来の40%からヨーロッパ基準の37.5%に変更。さらに、従来品の700ml、500mlに加えて、200ml(550円)と50mlPET(345円)を新発売した。

“ズブロッカデー2018

新商品とリニューアル商品発売に併せて、輸入元のリードオフジャパンは語呂「ジュ(10)ブ(2)ロッカ(6)」に因んで10月26日を「ズブロッカの日」と制定し、東京・代々木VILLAGE内code kurkkuで一般向けの体験型イベント“ズブロッカデー2018”を開催。この日のために初来日した、ポーランド出身で国際的に活躍するバーテンダー且つズブロッカ ブランド アンバサダーを務めるプシェミスワフ・マトゥシェフスキー(通称・シャルメック)氏が自らつくるカクテルや、LIQUID WORKS・バーコンサルタント齋藤恵太氏によるオリジナルなズブロッカカクテル、シードルや各種スイーツとのコラボレーションなどが披露された。

会見での各氏の発言要旨は次のとおり。

渡邊弘之社長 ズブロッカは600年の歴史を持つ最古のウォッカ。日本でも昔から販売されてきたが、10月26日を「ズブロッカの日」と定めたことを機会に、日本でもっと飲まれるようにしていきたい。

シャルメック氏 ポーランドには10社のウォッカ生産者があるが、ズブロッカはシェア30%を誇るナンバーワンブランド。ポーランドではあらゆるイベントや機会に飲まれている。飲み方はバニラ、シナモン、ヘーゼルナッツのとの組み合わせが美味しいが、アップルジュースで割るのが一般的な飲み方。しかし、トニックやクランベリージュースとの相性もよく、日本の皆さんにはいろいろチャレンジして飲み方を工夫していただきたい。

 

つづきはWANDS 2018年12月号をご覧ください。
12月号は「オーストラリアワイン/南アフリカワイン」特集です。
ウォンズのご購読・ご購入はこちらから
紙版とあわせてデジタル版もどうぞご利用ください!

関連記事

ページ上部へ戻る