ペルノ・リカール・ジャパン、日本限定「ザ・グレンリベット シングルカスク2022」2種発売

ペルノ・リカール・ジャパンは6月13日から、シングルモルトスコッチウイスキー「ザ・グレンリベット」の日本市場限定品<シングルカスク2022>2種類を数量限定販売する。それぞれ1樽分で、24年熟成が163本、26年熟成が162本。バーなどを中心に展開する。
1824年にスコットランド・スペイサイド地方で政府公認蒸留所第1号となって以来、“はじまりのシングルモルト”として世界中で愛されている「ザ・グレンリベット」。モルト愛飲家からの熱い要望に応え、1樽のみから瓶詰めされる希少価値の高いウイスキー「シングルカスク」を、国や地域限定で毎年販売している。
2016年から始まった日本限定は毎年好評を博しており、今回がシリーズ第8弾と第9弾になる。
「ザ・グレンリベットシングルカスク2022(#37819)24年」はオレンジや青リンゴの爽やかなアロマに続き、甘いハニーコムやアーモンドシロップのアロマ。味わいはソフトキャラメル、ジューシーな洋ナシ、アプリコット、マンゴー、バニラの香りが漂い、リッチでスイート。フィニッシュはトフィの香りと、甘くフルーティな余韻。
アメリカンオーク樽熟成、ノン・チルフィルタードのカスクストレングスで、アルコール分は54.1%。700㎖瓶、オープン価格(参考小売6万500円).

 「ザ・グレンリベットシングルカスク2022(#41799)26年」は赤リンゴ、スイカ、生のクランベリーの軽やかでフルーティな香りの後、ビスケットやラズベリーの葉の繊細な香りが続く。味わいは濃厚なトフィ・プディングとピンクグレープフルーツ、ハチミツ、オレンジの皮など爽やかな風味が複雑に重なり合う。余韻は長く甘い。アメリカンオーク樽熟成、ノンチルフィルタードのカスクストレングスでアルコール分は44.3%。700㎖瓶、オープン価格(参考小売6万6000円)。

関連記事

ページ上部へ戻る