「ヒューガルデン」など12lプラ樽ビール発売 ABインベブジャパン

アンハイザー・ブッシュ・インベブ ジャパンはプラスチック樽「Pure Draught(ピュアドラフト)」12l樽を採用したビール「STELLA ARTOIS(ステラアルトワ)」を1月6日から発売した。また2月26日からは「Hoegaarden(ヒューガルデン)」も販売開始する。独自ディスペンスヘッドで特許を取得。

通常のスチール樽はガス(CO2)がビールを押し出す構造だが、「ピュアドラフト」は空気圧でビールを絞り出す二重構造により、空気やガスがビールに触れるのを防ぎ、通常7~10日の鮮度を開栓後最大30日間、新鮮な状態を保つことができる。

また樽交換時に樽内に残るロスを削減できるほか、プラスチック製のため軽量、かつPET/プラとして処分できるため空樽の保管・返却が不要となる。従来より小容量の12lを段ボール梱包しており、積み上げ保管が可能で、倉庫での保管スペースの削減にも貢献。

「ピュアドラフト」の安全構造(ガス圧低下前にディスペンスヘッドが外れない構造)を含むディスペンスヘッドに対してグローバル特許を取得している。World Beverage Innovation Awards 2019では革新的な製品に贈られるグローバルイノベーション賞を受賞。
 「ステラアルトワ12lピュアドラフト樽」「ヒューガルデン12lピュアドラフト樽」とも、賞味期限6カ月、サイズは奥行き22㎝×横22㎝×高さ45㎝。樽重量12.397㎏。オープン価格。

関連記事

ページ上部へ戻る