「ラ・スピネッタ」のジョルジョ・リヴェッティがアルタ・ランガの「コントラット」にかける情熱

サイのマークのバルバレスコ「ラ・スピネッタ」のオーナーで醸造家のジョルジョ・リヴェッティをご存知なら、彼がいかに情熱に満ち溢れた人物か想像がつくだろう。今ジョルジョは「コントラット」に夢中だ。そして「コントラット」のスパークリングワインがほどなくしてすべて「DOCGアルタ・ランガ」になる。コントラットとは、そしてアルタ・ランガとは、そしてどのようなワインを目指しているのか、現地を訪問して話を聞いた。

コントラットの名声

「コントラット」はピエモンテの人にとってラグジュアリー・ブランドのひとつで、カネッリにあるコントラットの地下セラーは世界遺産に登録されている。19世紀半ばから後半にかけて建てられた館は改装してあるが、地下セラーは当時のままだという。

コントラットは1867年創業で当時から高品質なスパークリングワインの生産者として知られており、「コントラット エクストラ・ブリュット1919」はイタリアで初めて瓶内二次発酵により造られた収穫年付きのスパークリングワインだった。

しかし1993年にグラッパ会社が購入し、徐々に翳りを見せ始めた。そしてオーナーがコントラットの核ともいえるスパークリングワインについて相談した相手が、友人のジョルジョ・リヴェッティだった。彼は大のシャンパーニュ好きで30年来シャンパーニュ地方へ足繁く通うほど。しかも、ラ・スピネッタで1,000本強の瓶内二次発酵によるスパークリングワインの試作を続けていたのだ。

そしてついに、ピエモンテが誇る「コントラット」は2011年にジョルジョ・リヴェッティが購入することになり、その名声の復活に着手することになった。かつてはスティルワインも造っていたが現在は上質スパークリングワインに特化している。

コントラットの詳細(2ページ)

 

アルタ・ランガとは

アルタ・ランガの地図

アルタ・ランガの詳細(3ページ)

アルタ・ランガ地域は、とても広い。アスティ、クネオ、アレッサンドリアの南に広がる丘陵地帯と山岳地帯で、標高は250〜800m超まで。山岳地帯の向こう側はリグーリア、という立地にある。他の原産地呼称でいえば、バローロ、バルバレスコ、ガヴィ、ニッツァ、アスティが重なっており、中でもアスティが最も広く重なっている。これほど広い理由は「アルタ・ランガの生産量をすぐに増やそうと考えていたから」、「コンソルツィオ(協会)設立当初のメンバーが当時の自社の都合に合わせて決めたから」などと言われているようだ。ともあれこの範囲の中から各生産者が区画を選び、申請して認可が降りなければアルタ・ランガとは表示できない。

2019年現在でアルタ・ランガの畑は約220haが認可されており、そのうち120haほどが稼働している。2021年には310haまで増やす決定がすでにコンソルツィオでなされているようだ。「コントラット」の場合には、現在36haの自社畑に加えて9ha借りている畑がある。ほとんどの銘柄は既にアルタ・ランガDOCG に切り替わっているが、全ての「コントラット」がアルタ・ランガDOCGとしてリリースされるのは2015年ヴィンテージからとなる。

 

ボッソラスコBossolasco ここがアルタ・ランガの中心になる

まだ4〜5年目の畑。どのようにして優れた畑になる土地を見つけるのか尋ねると「生えている草を見ればわかる。この草が生えているから窒素が多いとか、草がこんなに長く伸びているから肥沃すぎる」と即答だった。とはいえ、土壌分析も行ってから購入を決定する。

現在稼働中の120haの畑の30%以上が集中している村がボッソラスコだ。アルタ・ランガの西部で、アルバからは南に位置する。コントラットが管理する45haの畑のうち37haもここにある。標高660〜880mの高地だ。

「フランチャコルタが7月末から8月末にかけて収穫するのに対し、ここは9月初旬から中旬だ。どちらも発芽のタイミングは同じだから、ここの方が成長期が長いためブドウ本来の個性や複雑さを出すのに恵まれた環境にある」。

夏は日中に25〜27℃まで上がるが、夜間は17〜18℃まで下がる。山を越えるとすぐリグーリア州で、冬はそれほど寒くはならないという。

「温暖化が進んでいる中で、唯一このボッソラスコがシャンパーニュに一番近い条件が揃っている」と熱が入る。

ランゲ地方で最も雨が多い地域だという。ただ、畑に行くとわかるが常に風が吹いている。山から吹き降りてくる風と30km先の海から入り込んでくる風がちょうどぶつかる場所にあるため、雹が頻繁に発生する。ちょうど訪れている間にも雲が急激に動き始め、右を向けば青空が見えるのに左を向けば雨雲で、しばらくしてから本当に雹が降り始めた。雹対策を施す必要がある。

コントラットの畑は、南東から南西向きにあり、石灰質が豊かな白い土壌にはシャルドネを、砂や石が多い土壌にはピノ・ノワールを植樹している。

 

最高のワインを

ジョルジョ・リヴェッティ作「コントラット」の銘柄を一通りじっくり試飲して、気がついたことがある。ひとつは、泡が穏やかに感じられることだ。しかし確認するとティラージュの際26g/ℓの糖分を加えているため6気圧になっているはずだという。それでもそう感じるのは、ワインそのものの凝縮感があり、密度が高いためだろう、という結果に落ち着いた。

もうひとつ感じたのは、畑の人であるジョルジョ・リヴェッティの手によるため、スパークリングワインではあっても、たとえ泡が消えたとしてもそのまま美味しく飲めるワインであるということだ。そして大きめのグラスで少し高めの温度の方がより「らしさ」が出る。スパークリングワインである前に「まず最高のワインを造ること」を第一義にしているからに違いない。

彼は、こよなく愛するシャンパーニュに拮抗できるワインを造れるのは「世界の中でもアルタ・ランガのボッソラスコの他にはない!」と確信している。ただ、まだアルタ・ランガでは栽培者で80名、生産者で27社だ。加えて、ジョルジョ・リヴェッティの熱量が大変大きいため彼のペースについて行ける生産者がどのぐらい今後現れるだろうかと、いささか心配になるほどだった。しかし「まだ、この土地のポテンシャルに気がついている人が少ない。まずはそれを証明すること。それができれば確実に増えるはずだ」と楽観的だった。

 

各銘柄の詳細(4ページ)

Millesimato Pas Dosé 2013

Blanc de Blancs Pas Dosé 2014 Alta Langa DOCG

For England Rosé Pas Dosé 2014 Alta Langa DOCG

For England Blanc de Noir Pas Dosé 2014 Alta Langa DOCG

Cuvée Novecento Pas Dosé 2010

Riserva Special Cuvée Pas Dosé 2010

(Y. Nagoshi)

輸入元:モンテ物産

ページ:

1

2 3 4

関連記事

ページ上部へ戻る