YOSHIKIが飲みたいと思った時には既に完売!自信作のスマートカジュアルワインを追加リリース

X JAPANのリーダー、YOSHIKIがプロデュースするワイン「Y by Yoshiki California」の2019年版が8月9日に販売開始された。

YOSHIKIがナパ・ヴァレーのロブ・モンダヴィJr.と出会ったのが11年前。頻繁にワイナリーに足を運んでは幾度となくブレンドを重ね、2009年にオリジナルブランドの「Y by Yoshiki」を世に出した。2016年にはナパ・ヴァレー産ブドウ100%のプレミアム版を第2弾として数量限定で造ったところ、高額にも拘わらず即完売。そのため2018年夏にリリースした第3弾は、カベルネ・ソーヴィニョン2016年3万本、シャルドネ2017年1万5千本と生産量を増やし、価格も手頃な5000円台のスマートカジュアル版にした。が、これもYOSHIKI本人が自身の分をキープしようと思った時には完売状態に。そこで今回、第3弾の2019年度新作として、カベルネは新ヴィンテージ2017年を6万本、シャルドネは2017年のセカンド・ブレンドのため商品名に“アンコール”を付け3万本を販売するに至った。

スムーズに仕上がった新作は、赤も白も食を選ばず何にでも合う、とYOSHIKI。目指しているのは女性が楽しめるワイン。自身も知識から入らず美味しいと感じたものを飲んでいるから、理屈抜きで素直に好き嫌いを言う女性の感性が胸に落ちるようだ。(Saori Kondo)

「Y by Yoshiki California」2019年度リリースワイン発表会&試飲会

トップ画像:2017年カベルネ・ソーヴィニョン・カリフォルニアを持つYOSHIKI2017年シャルドネアンコール・カリフォルニアを持つロブ・モンダヴィ・Jr. ()

関連記事

ページ上部へ戻る