ハイボールのための本格焼酎「Iichiko NEO」登場

三和酒類は7月15日から、ハイボールのための本格焼酎「Iichiko NEO」を発売した。これまでの「いいちこ」とは全く異なるデザインで若い世代にも手に取りやすくしている。
「いいちこ」は1979年の誕生以来、日本中から愛されてきた本格焼酎。新商品は、同ブランドから生まれたハイボールのための本格焼酎で、これまであまり「いいちこ」を飲む機会が少なかった、若い世代や焼酎初心者の方にも楽しんでほしいという想いから開発。炭酸割りに適したオリジナル酵母を使用することで、華やかな香りや青りんご・パイン・バナナを思わせるフルーティな香り、さっぱりした味わいがさっぱりした味わいが楽しめる。
パッケージはこれまでの「いいちこ」と全く異なる、華やかでカラフルなフラワーデザインを採用。また初心者も楽しみやすいように、ソーダのおすすめ割合をパッケージに記載している。
Alc.25%、容量500㎖びん、希望小売696円(税別)。

発売に合わせてWEBムービー「NEO姉妹の日々」全4篇を公開。何気ない日常の会話劇を通じて「Iichiko NEO」の特徴を紹介する。

 また、WEBキャンペーンを展開。モニターキャンペーンでは公式アカウント(@iichiko_cp)をフォローしてキャンペーン対象ツイートをリツイートして応募すると抽選で1000名に「Iichiko NEO」と専用グラスが当たる。応募期間は8月12日まで。ギフトカードが当たるキャンペーンは、TwitterかInstagramで公式アカウントをフォローし、飲んだ感想等を「#NEOハイ飲んでみた」タグをつけて投稿すると、抽選で200名にAmazonギフトコード500円分が当たる。応募期間は9月30日23:59分まで。

関連記事

ページ上部へ戻る