<No.377 2017年1月号 目次>

<No.377 2017年1月号 目次>

 

editorial /2017年酒類市場予測 …………………………………………………….46

特集/イタリアワイン  ……………………………………………………………….. 737

日本市場の動き輸入量8%減、販売量は5%減 ………………………………………. 7

イタリアワインガイドの眼 2017年の注目ワインはこれだ! ……………….. 11

連載 ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ ………………………………………….. 22

イタリアワイン・ソムリエコンテスト JET CUP ………………………………….. 36

 

特集/ウイスキー ………………………………………………………………….   4355

日本市場の動き…………………………………………………………………………………..43

マルス津貫蒸溜所竣工…………………………………………………………………………47

ウイスキーカクテル…………………………………………………………………………….50

イダルゴのシェリー樽で造ったスコッチ……………………………………………….53

ウイスキーの話題………………………………………………………………………………..54

 

Uncork/忘れさられたブドウの考察    デイヴィッド・コッボルド ……….. 2

Report ブルゴーニュ栄光の三日間 ─────────────────  56

WANDS street───────────────────────── 66〜76

Statistics────────────────────────────60〜65

 

<今月の表紙>

オスピス・ド・ボーヌ競売会の前日、シャサーニュ・モンラッシェのドメーヌで試飲会があった。ボーヌから車でグランクリュ街道を南下すると、雨模様の葡萄畑のあちこちから煙の立ち上るのが見えた。煙の近くまで行って車を止めると、プレタイユと呼ばれる剪定作業の最中だった。話を聞くと、これは季節労働で、剪定した樹の数に応じて賃金が支払われるという。腰を折ってのきつい作業だが、最近は温暖な冬が多いので以前より仕事が楽だという。二酸化炭素を削減するために剪定枝をチップにしてリサイクルする方法も推奨されているが、一輪車に取り付けた半切りのドラム缶で焼却する昔ながらの方法が続いている。

ウォンズのご購入・ご購読はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る