東京・六本木でアイラ島を体験 「ブルックラディ The Pop-Up」イベント

レミー コアントロー ジャパンは東京・六本木ヒルズにアイラ島の自然を再現した「ブルックラディ The Pop-Up」イベントを4月6日~11日の6日間、開催している。同ブランドのイベント展開は日本で初。
定番ウイスキーを、アイラ島をオマージュしたフードやスイーツとあわせて紹介するほか、シングルカスクの限定ウイスキー販売や各種セミナーなど様々な催しで、アイラのテロワールを肌で感じることができる。

 「ブルックラディ」は1881年誕生のアイラ・シングルモルト・スコッチウイスキー。アイラ島の人と自然に向き合うことを徹底して貫いてきた。定番は、エレガントで華やかなスタイルのノンピートウイスキー「ザ・クラシックラディ」、BBQのような“美味しい”スモーキーさが特徴の「ポートシャーロット」、そして世界最強のフェノール値を誇るスーパーへビリーピーテッド・モルト「オクトモア」の、それぞれ異なる3タイプで個性をのびのび表現している。

会場ではこれらをグラス一杯(600円~)で、ブルックラディ風味のシェパーズパイなどのフードとともに提供。大麦畑と芝生に囲まれた空間で、アイラ島でのピクニック気分を味わえる。会場で使った植物等はほぼすべて自然に返すという、環境への配慮も考えられている。

またアンバサダーの“ウイスキージャック”ことジャック・チェンバース氏がビギナー向け、セミプロ向けの無料セミナーを開催。「アイラウイスキーの定義は公式では島内での蒸留だけだが、ブルックラディは大麦の45%がアイラ産、モルティングは2023年から始める予定。蒸留はもちろん、熟成、湧水、ボトリングまで島内にこだわる」と説明。透明性を高める「NO HIDDEN MEASURES」キャンペーンも紹介した。

 

「ブルックラディ The Pop-Up イベント」
日時:2021年4月6日~11日 11時~21時
場所:六本木ヒルズ 大屋根広場(東京都港区六本木6-11-1)
公式HP:https://rcjkk.com/blpopup_2021/

関連記事

ページ上部へ戻る