コロナで打撃を受けたドイツの栽培農家を救うプロジェクト「ミケ リースリング」

猫のドイツワイン、日本の輸入商社がゼロから商品開発
 コロナで打撃を受けたドイツの栽培農家を救う

ドイツワインの輸入元ヘレンベルガー・ホーフが、2021年9月15日から全国の酒販店にて「ミケ リースリング」という三毛猫ラベルのリースリングを販売している。これは、コロナで打撃を受けた栽培農家のブドウを使用し、可愛らしい猫のラベルのオリジナルドイツワインで、同社が独自に開発したもの。

コロナ禍で行き場をなくしたブドウを何とかしてワインにしたいと考えたが、25,000本(750ml)にもなるとわかった。しかし、30年来付き合いのある栽培農家バスツゲン一家への信頼と友好関係を重んじて決断したと言う。

 

加えて、さらに社会貢献するため、このミケ リースリングを1本販売するごとに公益団体 日本動物愛護協会へ22円を(ニャンニャン)寄付し、保護猫活動に役立ててもらうことにした。

ニャンともおいしいフルーティーな白ワイン

ワイン名:ミケ リースリング

やや辛口 白ワイン/ドイツ・モーゼル地方
本体価格 2,200円(税込)

《今後の予定》2022222日は「猫の日」 

に、イベントやインスタグラムキャンペーンを企画中のようだ。また、ワインも2021年ヴィンテージを継続して購入することをすでに決定し、保護猫活動も継続していくと言う。

 

ミケ リースリングに関する詳細

 

ミケ リースリングが買える店

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る