アサヒビール、新ジャンル「クリアアサヒ」とノンアル「ドライゼロ」で春限定デザイン

アサヒビールは華やかな春限定デザインの新ジャンル「クリアアサヒ 桜の宴」、およびノンアルコールビールテイスト飲料「ドライゼロ スペシャルパッケージ」を2月1日から発売する。
 「クリアアサヒ 桜の宴」は、春の食卓やお花見などの飲用シーンを華やかに彩る春限定商品。「クリアアサヒ」ならではのすっきりとした軽やかな飲み口はそのままに「サブロホップ」を一部使用することで“華やかな香り”を加え、春らしい味わいに仕上げた。
パッケージは、「桜の宴」という商品名とともに満開の桜を缶全体に描くことで、春の訪れを一目で感じられる印象的なデザインとした。

「アサヒドライゼロ スペシャルパッケージ」は、日本の春を象徴する桜のイラストとともにピンク色を缶体の側面にデザインした春限定商品。店頭や食卓に季節感と特別感を演出し、お花見シーズンの飲用喚起を図る。
 「アサヒドライゼロ」はビールらしい味わいが好評で、ノンアルコールビールテイスト飲料市場で6年連続売上No.1(インテージSRI+調べ)を達成している。季節感のある商品を発売することで「ドライゼロ」の飲用価値向上を図るとともに、“期待を超えるおいしさ、楽しい生活文化の創造”を目指す。

 

関連記事

ページ上部へ戻る