アサヒビール、本格芋焼酎「さつま司」は単一芋品種訴求へ 甲乙混和「かのか」は春限定デザイン

アサヒビールは本格芋焼酎で単一芋品種100%を使用した「さつま司 ハマコマチ」「同 黄金千貫」「同 綾紫」「同 安納芋」の4種を1月18日から全国で販売する。また、甲乙混和焼酎「かのか」から「麦焼酎かのか25度紙パック1.8ℓ22年限定デザイン」を完全予約受注で2月1日から発売する。

「さつま司」は2004年の発売以来、麹の色別(白麹、黒麹、黄麹)展開で芋焼酎の味わいを提案してきたが、さつま芋本来の味わいや特長がわかるように一新した。ワインのブドウ品種、コーヒーの豆の種類のように、単一芋品種を原料とすることで新たな本格芋焼酎の選択肢を提案する。
「ハマコマチ」は上品な甘さとオレンジ芋特有の紅茶や果実のようなな華やかな香りが特長。参考小売1,628円。
「黄金千貫」は芋焼酎の王道らしい芋本来のふくよかな香りと豊かな甘みを感じつつも、スッキリした味わいが特長。同1,551円。

 

「綾紫」はフルーティな甘みと、紫芋特有のヨーグルトのような少し酸を感じる香りが特長。同1,606円。
「安納芋」はコクと深みのある味わい、奥行きのある甘い香りが特長となっている。同1,617円。
各容量720㎖瓶、アルコール分25%。
パッケージデザインは、中央に単一芋品種を大きく記載することで品種をわかりやすく表し、上部に金帯を使い“さつま司”を印字することで視認性を高めるデザインとした。容器は六角瓶を採用することで、持ちやすさや注ぎやすさといった利便性を向上した。

 「麦焼酎かのか春限定デザイン」はパッケージ全体に満開の桜と富士山を描き、春の世界観を表現。側面には、管理栄養士と共同開発した旬の食材を使用した低糖質料理レシピや、「かのか」オリジナル飲み方レシピ、「かのか」公式インスタグラムの情報を発信し、ファン拡大を図る。
アルコール分25%。容量1.8ℓ紙パック、参考小売1,595円。

関連記事

ページ上部へ戻る