2021 年は個性あふれる洗練されたヴィンテージの予感 オルネッライア収穫開始

(2021 年の最初の収穫にて。最高醸造責任者のアクセル・ハインツ氏(右)と、栽培責任者のジュリアーノ・タルチ氏(左))

中部イタリア、トスカーナのボルゲリ地区の生産者「オルネッライア」から、収穫開始の情報が到着した。

+++++

ワイン造り最大のイベントが始まりました。ブドウに深い愛情を注ぎ、木の1本1本まで知り尽くした栽培チームが、エレガントなワインの完成に向けて、2021 年ヴィンテージの収穫を開始しました。

Harvest Report 2021:

真夏が過ぎ、バケーションの季節が終わり、収穫のため、栽培チームが畑に戻ってきました。2021 年は、春が涼しく蕾が出るのが少し遅れましたが、夏は晴天に恵まれ雨の少ない気候が続きました。収穫期までの降雨量が少なかったことは、2015 年や2016 年のように、ボルゲリの偉大なヴィンテージの予感があります。オルネッライアの畑は石灰岩と粘土質の含有率が非常に多い独特の土壌で、ブドウは水分を求めて土中の最も深い層まで根を伸ばして、水分が少ない時期を乗り切るのです。

最高醸造責任者のアクセル・ハインツは次のように述べています。「日照が豊かで乾燥した日が続いたため、畑の白ブドウは早く成熟しました。今日から数日間、気温が下がることが予想され、ブドウの成熟に理想の天候を迎えます。ソーヴィニヨン・ブランとヴィオニエの収穫には絶好の気象条件で、8 月23 日の週には本格的に収穫を始める予定です」。

2021 年のヴィンテージでは、本格的な収穫に先立ち、8 月18 日にソーヴィニヨン・ブランの最初の房を試験的に収穫しました。黒ブドウに関しては、2週間後に収穫開始する予定となりました。

関連記事

ページ上部へ戻る