~COMME A LA MAISON~ 創業以来不変の料理でもてなす 日本の中のシュッド・ウエスト

東京・赤坂にある「COMMEALAMAISON(コム・ア・ラ・メゾン)」は、全国でも類を見ないシュッド・ウエスト(南西フランス)専門のビストロだ。北はボルドーに隣接し、南はバスクを含むシュッド・ウエストは、牧歌的で自然の豊かな風土である。現地のシェフに郷土料理を習った涌井勇二さんが、帰国後の2001年に店をオープンした。20年以上経った今でもメニューは当初からいっさい変わらず、涌井さんの料理に惚れて通い続ける常連も多いと言う。

ワインはほぼシュッド・ウエスト産で、仕入れから値付けまでそのすべてを担当するのは、涌井さんの元で働く料理人の橋本繁さんだ。

 

フランス語のワインリストは、A4サイズで表に白、中2ページに赤、裏に甘口とスパークリングが載っている。シンプルだが手書きが味を出している。

 

橋本繁さん 1983年、埼玉県生まれ。料理人。都内のフレンチ2軒を経験後、2010年から赤坂の「COMME A LA MAISON」で料理とワインを担当する。ワインは普段からフランス全域を幅広く飲むと言う。

 

COMME A LA MAISON
東京都港区赤坂6-4-15
☎︎ 03-3505-3345

 

続きは、WANDS 9月号
【特集】オーガニックワイン2022 さらなる旨さを求めて こだわりのビールで活性化へ
をご覧ください。
ウォンズのご購読・ご購入はこちらから
紙版とあわせてデジタル版もどうぞご利用ください。

関連記事

ページ上部へ戻る