ルイ・ファブリス・ラトゥール氏へのオマージュ

ボーヌのネゴシアン、ルイ・ラトールのルイ・ファブリス・ラトゥール社長が9月5日に58歳で亡くなった。昨年初め、突然頭の激痛を訴え入院し、癌と診断されブルゴーニュワイン委員会会長など一切の公務を離れて闘病生活を送っていたが帰らぬ人となった。

1964年生まれのルイ・ファブリス・ラトゥール氏はフランスの大統領や首相を輩出している超名門校パリ政治学院を卒業後、2年間の銀行勤務を経て24歳でルイ・ラトゥールに入社し1999年に11代目として社長を継いだ。ボーヌの事務所で何度か個人的に食事を共にしたほか、さまざまな機会に会いし、話を聞いた。懐が深く、優しい眼差しをもつその人柄については既にさまざまな追悼文の中に記されているが、日本の一ジャーナリストに対しても、大柄な体躯で包み込むようにやさしく話しかけてくれた。

故人を偲ぶために、思い出の写真を幾つか選んで掲載する。同時に、近くで長年接しルイ・ファブリス・ラトール氏の人柄をよく知るブルゴーニュネゴシアン組合、アルベリック・ビショ会長の追悼文の要旨を掲載する。

(Toshio Mtsuura / Paris)

 

ルイ・ファブリス・ラトゥール氏へのオマージュ

2022年9月5日(月)、ルイ・ファブリス・ラトゥールが亡くなったことを知り、深い悲しみに包まれています。 ブルゴーニュ地方のネゴシアン、そしてワイン業界全体が悲しみに暮れています。この地域の最も象徴的な人物の一人を失ったのです。

ルイ-ファブリス・ラトゥールは、ブルゴーニュを体現する人物であり、彼の家系はワインの生産と密接に結びついています。彼は、ルイ・ラトゥール家の11代目として、ボーヌの中心部にあるメゾン・ルイ・ラトゥールで指揮を執ることになりました。

幼い頃からこの歴史に親しんできた彼は、家業を継いでからも、常に未来とこの地域が進むべき道について明確なビジョンを持ち続け、その心は伝統にしっかりと根ざしていました。 それは、この地域の地理に精通していることでもあります。 彼にとって、知らない土地、知らない区画、知らない呼称はありませんでした。ルイ-ファブリスは、ブルゴーニュのワイン生産地の魂に大きな貢献をしました。

彼は、シンプルさ、和やかさ、厳しさ、そして知的誠実さという価値を見事に体現した人物でした。 彼は、常に正直で、自分の意図を明確に示し、この信憑性は、何よりも彼の比類なき忠誠心と誠実さに表れています。 彼は自分の価値観や信念に忠実であり、何よりも一緒に働く人々、そしてビジネスや組合活動を通じて出会った人々に忠実でありました。彼は、たゆまぬ努力で前に進むことを強く決意していました。そして、 どんな逆境にあっても常に攻めの姿勢でいました。

ブルゴーニュワインの輸出は、もちろん彼のこだわりの一つであり、新しい市場を確立し、新しい商機をつかむために多くの時間とエネルギーを費やしました。彼の誠実さ、楽観主義、熱意、他者への献身、共通善に対する情熱は、しばしば彼の口癖のように語られ、誰もが認めざるを得ませんでした。

古くからの一族の伝統を受け継ぐ彼は、2003~2016年までグラン・ブルゴーニュ・ネゴシアン組合会長、2011年~2014年までワイン&スピリッツ輸出連盟(FEVS)会長、2015~2021年までブルゴーニュワイン委員会(BIVB)の会長を務めました。

彼が冗談で言うように「第2の家」であるこれらの組合の役割の中で、彼はブルゴーニュのネゴシアン貿易の近代化、銀行界との密接な関係の構築、ブルゴーニュ地方とボジョレー地方の連携強化に大きな役割を果たしました。

FEVSの会長として、政治的・経済的な出来事によって世界各地で発生する関税、貿易関税、健康関連の障壁に直面し、フランスワインとスピリッツの偉大な擁護者でした。

BIVBのトップとして、クリマのユネスコ世界遺産登録を推進する活動を続け、「シテ・デ・クリマ・エ・ヴァン・ド・ブルゴーニュ」の建設立ち上げに積極的に取り組みました。

最近では、ワイン産地の未来を形作る持続可能な開発プロジェクトの立ち上げに尽力していました。

伝統は、ブルゴーニュ地方におけるワイン生産の重要な推進力であると確信していたからであり、現代では、たとえ本当の成功を収めていても、進化しないワイン生産地は、未来に背を向けているワイン生産地であると知っていたからです。

彼の卓越した人格の特徴を一つ挙げるとすれば、それは人間性でしょう。 ルイ-ファブリスは、優しさと謙虚さ、そして優れた傾聴の能力を備えた慈悲深い姿勢を培ってきました。 また、非常に信頼できる人物で、自分が話す相手には細心の注意を払いました。 もちろん、彼は自分の考えを守る術を心得ていましたが、それは常に優しさと相手を理解しようという気質で行われていました。

そして、彼は会議のたびに「すべてのプロジェクトは人間の冒険である」と、私たちに語りかけてくれました。これに対して、私たちはただただ感謝と敬意を表するのみです

業界全体を代表して、奥様のパトリシアさん、4人のお子様、そしてメゾン・ルイ・ラトゥールのチーム全員に心からの哀悼の意を捧げます。

ブルゴーニュネゴシアン組合会長 アルベリック・ビショ

関連記事

ページ上部へ戻る