<2019年6月号目次>

特集  夏のスパークリングワイン

03・・・スパークリングワイン市場の動き
05・・・カステルブラン 国分グループ本社から新発売
07・・・日酒販 通年楽しめるスパークリングワイン
08・・・2018年シャンパーニュ出荷状況
09・・・ローランペリエ グラン シエクル作品番号24
10・・・ヴーヴ・クリコ ラ・グランダム2008
11・・・ク リ ュ ッ グ Krug Enconters Wine Experts 2019
14・・・ボランジェ・ラ・グランダネ2008
16・・・ランス西部のテロワールを探る

特集 ビール

21・・・夏を前にはずむビール商戦
23・・・若年層を掴む新しいスーパードライ
25・・・サッポロビール Innovative Brewer
27・・・スプリングバレーブルワリー
28・・・ブルックリンブルワリー

特集 チリワイン

29・・・チリワインの新しいフェーズ
30・・・コノスル20バレル リミテッド エディション
32・・・カッシェロ・デル・ディアブロ レセルバ・プリバダ
34・・・寒冷地を開拓したビニャ・レイダ
35・・・デ・マルティノの温故知新
36・・・ミゲル・トーレスの新しい挑戦

37・・・2019 ブルゴーニュ最新情報
41・・・デクーヴェール・アン・ヴァレ・デュ・ローヌ

51・・・世界の動き

53・・・Statistics
58・・・WANDS STREET

ウォンズのご購入・ご購読はこちらから
紙版とあわせてデジタル版もどうぞご利用ください!

【今月の表紙】
毎年のようにシャンパーニュ地方に赴いているが、ヴーヴ・クリコの訪問は2004年以来15年ぶり。白亜の地下セラーでは、シャロン・アン・シャンパーニュ出身の芸術家、ギュスターヴ・アンドレ・ナヴレ作の巨大レリーフがその壁面を飾る。主題はヴーヴ・クリコを手にして踊る女神と酒神バッカス。ヴーヴ・クリコはサン・ニケーズの丘にある、ガロローマ時代の石切場跡を所有する6つのメゾンの中でも最大規模、総延長24キロメートルにおよぶギャラリーを保有する。
1914年から18年まで続いた第一次世界大戦時には、ドイツ軍の爆撃からランス市民を守る防空壕として利用された。その戦禍の中でも女神とバッカスは微笑みを湛え、ランスの人々を勇気づけていたに違いない。(Tadayuki Yanagi)

関連記事

ページ上部へ戻る