ザ・グレンリベット ウインチェスターコレクション50年 ヴィンテージ1967

「ザ・グレンリベット ウインチェスターコレクション50年 ヴィンテージ1967」がリリースされた。世界で155本のみの稀少なシングルモルトウイスキーだ。この発売に際し初来日したザ・グレンリベット 最高蒸留責任者 アラン・ウィンチェスター氏に、スコッチウイスキーのエキスパート吉村宗之氏がそのこだわりについて聞いた。

吉村: アランさん、本日はお忙しいところ、お時間を割いてくださり本当にありがとうございます。

アラン: いやいや、こちらこそありがとうございます。

吉村: アランさんは今回が初来日だと伺っています。日本の印象はいかがですか?

アラン: とても秩序だった、きちんとした国だなと感じました。私が想像していた通りの日本で、大変嬉しく感じています。

吉村: そうですか、日本人として私も嬉しく思います。

(中略)
吉村: さて、このたび「ザ・グレンリベット ウインチェスターコレクション50年 ヴィンテージ1967」がリリースされたそうですね。

アラン: はい、50年の非常に長い熟成期間を経た、極めて希少かつ高価なウイスキーです。販売は世界で155本限定、最高峰のシングルモルトウイスキーだといえるでしょう。

吉村: 「ヴィンテージ 1967」の熟成樽について教えていただけますか?

アラン: アメリカンオークのリフィルバーボンホグスヘッドと、スパニッシュオークのシェリーバットの原酒をヴァッティングし、1つの樽でマリッジさせました。

吉村: 2樽分の原酒が使用されているということですか?

アラン: そうです。

吉村: 50年も樽の中で寝かせておくと、どれくらいの量が天使に飲まれてしまうものなのでしょうか?

アラン: そうですね。樽の保管してある場所によって多少違いますが、1年で2%くらいが飲まれてしまいます。ですので50年では、65~70%が天使の分け前になります。

吉村: それだけ飲めたら、天使も満足でしょうね。(笑)

アラン: きっとそうですね。(笑)

吉村: アランさんのお話を伺っていたらザ・グレンリベットが飲みたくなってきましたよ。今夜は18年をいただこうかな。

アラン: いいですね! 18年は私も大好きなんです。

吉村: 今日は本当にありがとうございました!

アラン: こちらこそ、ありがとうございました!

輸入元:ペルノ・リカール・ジャパン

*日本国内展開の2本の内1本は、7月1日よりザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町「The Bar illumiid」にて、このウイスキーのためにつくられた世界的デザイナーの小市泰弘氏に夜オリジナルチェアと、オーダーメイドの江戸切子で堪能できるボトルキープ・プランとして販売開始された。

WANDS 2019年7&8月合併号をご覧ください。

7&8月合併号は「米国西海岸のワイン」「ボルドー・プリムール」「夏のスピリッツ」特集です。
ウォンズのご購入・ご購読はこちらから
紙版とあわせてデジタル版もどうぞご利用ください!

関連記事

ページ上部へ戻る