好評連載 海外コラム 2019年12月号WORLD BRIEF

好評の海外からの連載コラムの執筆陣は、レギュラーのジャスティン・ノックMW、ニューヨークのデイヴィッド・ランサム、フランスよりミシェル・ベタンヌ

ジャスティン・ノックMW「2015年とそれ以降のボルドーを検温する」 By Justin Knock MW

デイヴィッド・ランサム「全米に広がるバーボン ケンタッキー州以外でも造られている」 By David Ransom

ミシェル・ベタンヌ「ビオワインの虚々実々」 By Michel Bettane

 

つづきはWANDS 本誌12月号をご覧ください。

ウォンズ12月号の特集は「めまぐるしく変化し続ける多文化国家のワイン産業に注目 オーストラリアワイン」
「活況! ジャパニーズクラフトスピリッツ」
「ビール類市場の振り返りと展望 ビール復権へ向けて」です。
WANDSのご購入・ご購読はこちらから(デジタル版もあります)

関連記事

ページ上部へ戻る