サントリーの日本ワイン「塩尻ワイナリー」「ジャパンプレミアム 」シリーズ新ヴィンテージ

サントリーワインインターナショナルは、日本ワインの「塩尻ワイナリー」シリーズ、「ジャパンプレミアム」シリーズより、新ヴィンテージ4種を10月19日(火)から全国で数量限定で新発売する。

 

同社は、国産ブドウ100%の日本ワイン、「登美の丘ワイナリー」「塩尻ワイナリー」「ジャパンプレミアム」の3シリーズを展開。徹底した品質管理により生まれるその味わいには定評があり、国内外のコンクールで多数受賞している。「塩尻ワイナリー」シリーズは、長野県の生産者がつくる高品質なブドウを100%使用し、サントリー塩尻ワイナリーで醸造し、「ジャパンプレミアム」シリーズは、使用するブドウの産地や品種の魅力を引き出すことにこだわった日本ワイン。

今回は、「塩尻ワイナリー」シリーズより「塩尻マスカット・ベーリーA 2018 ミズナラ樽熟成」「塩尻メルロロゼ 2020」の新ヴィンテージを、「ジャパンプレミアム」シリーズより「高山村産シャルドネ 2020」「信州産シャルドネ 2019」の新ヴィンテージを発売する。

ワインの解説(画像左より)

「塩尻ワイナリー」シリーズ
▼「塩尻マスカット・ベーリーA 2018 ミズナラ樽熟成」
木苺やラズベリーといった赤い果実の香り、樽由来の白檀、ココナッツ、バニラのような甘やかな香りが感じられます。飲み始めから自然な甘さが口に広がり、その後やわらかいタンニンとミズナラ樽由来の甘い香りの余韻がバランスよく長く続きます。

▼「塩尻メルロロゼ 2020」
よく熟したりんご、マンゴーのような甘い香りが感じられます。口に含むとボリューム感があり、自然な甘さがやわらかい酸味とともに口中に広がります。余韻は、わずかな渋味としっかりした味わいが長く持続します。

「ジャパンプレミアム」シリーズ
▼「高山村産シャルドネ 2020」
柑橘系果実の爽やかな香りと熟したパイナップルのような甘い香り、樽に由来するトーストのような香りが感じられます。飲み始めに新鮮な酸味、そして自然な甘さを感じ、さらに樽由来の香ばしいニュアンスが加わります。厚み、ふくらみのある味わいです。

▼「信州産シャルドネ 2019」
レモンやライムのような柑橘系の香りに加え、リンゴやメロンの甘い香りが感じられます。飲み始めに甘さを感じ、その後フレッシュで引き締まった酸味が口中に広がります。余韻は、しっかりしたミネラルと旨みも感じることができます。

サントリー日本ワインHP

関連記事

ページ上部へ戻る