モンテクッコのコッレマッサーリと ボルゲリのグラッタマッコ

「コッレマッサーリとグラッタマッコは、伝統に基づいたモンテクッコとモダンな産地のボルゲリ、トスカーナの2つの側面を表している」と、オーナーのクラウディオ・ティーバ。海沿いのボルゲリ地区では平地の畑が多い中、グラタマッコの畑は標高120〜250mの丘の斜面にある。

「カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロにサンジョヴェーゼをブレンドするのがここのアイデンティティ」。一方、シエナ南部の内陸部モンテクッコは、かつてはサンジョヴェーゼのみが栽培されていたエリア。コッレマッサーリの「ポッショ・ロンブローネ」は、樹齢約50年のサンジョヴェーゼ100%で造られた伝統スタイルだ。

 

つづきは、ウォンズ2019年1月号をご覧ください。
1月号の特集「イタリアワイン2020」「現地徹底取材 ブルゴーニュ」「人気上昇が続くウイスキー市場」。
WANDSのご購入・ご購読はこちらから。

関連記事

ページ上部へ戻る