酒税税率改正に伴う価格改定のリリース続々

2020年10月1日に酒税税率改正が施行される。

それに伴い、各社より商品の価格改定についてのリリースが出始めた。

今回の酒税税率改正による1リットルあたりの酒税改正額は以下の通り。

ビールは20円の減税

発泡酒(麦芽比率50%以上)は20円の減税

新ジャンルは28円の増税

ワイン(アルコール10度未満の発泡性を有する「果実酒」、「甘味果実酒」を除く)は10円の増税

 

<アサヒビール株式会社より> 5月19日

アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 塩澤賢一)は、2020年10月1日に施行される酒税税率改正に伴い、国内で販売するビール・新ジャンルの全ブランド、発泡酒(麦芽比率50%以上)、ワイン(アルコール10度未満の発泡性を有するワイン・甘味果実酒を除く)を対象に、生産者価格を同日より改定します。

■価格改定を実施する主なブランド

ビール アサヒスーパードライ、アサヒ ドライプレミアム豊醸
新ジャンル クリアアサヒ、アサヒ オフ、アサヒ ザ・リッチ
ワイン サントネージュ リラ、サンタ・ヘレナ・アルパカ

 

<キリングループより>  5月26日

キリンビール株式会社(社長 布施孝之)、株式会社永昌源(社長 飯沼順司)、メルシャン株式会社(社長 長林道生)は、今年10月の酒税税率改正に伴い、2020年10月1日(木)より、国内で販売するビール、新ジャンル、紹興酒、ワインについて、生産者価格を改定します。

※ アルコール10度未満の発泡性を有する「果実酒」、「甘味果実酒」を除く。「甘味果実酒」は、ホップを使用した「メーカーズレシピ スパークリング ウィズ ホップ」のみ価格改定対象

■キリンビール・永昌源・メルシャン 価格改定概要

1.実施日       2020年10月1日(木)当社出荷分より

2.対象商品     ① ビール           ・・・「キリン一番搾り生ビール」など

② 新ジャンル                 ・・・「キリン のどごし<生>」「本麒麟」など

 

関連記事

ページ上部へ戻る