アサヒビール、エコカップ「森のタンブラー」でパナソニックと業務提携

アサヒビールはパナソニックと、世界初のエコカップ「森のタンブラー」を活用して飲料容器のリユース文化を醸成することを共通の目的とした業務提携契約をこのほど締結した。
これまでの共同開発から業務提携とすることで、両社の強みを活かし消費者啓蒙、活用先拡大、ブランディングなどの“コト作り”に共同で取り組み、「森のタンブラー」の事業化に向けた活動を強化。2021年4月までに、生産体制の構築と一般への販売体制を確立し、持続可能な事業を創出していく。
「森のタンブラー」は、使い捨てしない飲料容器として、パナソニックの「高濃度セルロースファイバー成形材料」を活用して共同開発した世界初のエコカップ。2019年7月から小ロットでのテスト販売を開始し、現在までに「GAMBA EXPO 2019」「B-1グランプリ in明石」「つくばクラフトビアフェスト2019」などの様々なアウトドアイベントで累計約1万個を展開。使い捨てプラカップ約3万個分と仮定すると、プラごみ0.3トン、CO2が2.1トン削減された計算となる。
 今後は、両社がパートナーを務めるガンバ大阪のオフィシャルオンラインショップでの販売をはじめ、ボーイスカウト日本連盟のイベントや実店舗、森タン公式ショップ(https://mori-tan.stores.jp)などのEC店舗での販売も始める。
 アサヒグループは2018年2月に「環境ビジョン2050」を策定。2050年までに事業活動における環境負荷ゼロ(ニュートラル)を目指すとともに、グループの独自技術や知見を生かした新たな環境価値創出(プラス)に取り組んでいる。今後も「森のタンブラー」の取り組みなどを通じて、持続可能な事業を創出していく。

関連記事

ページ上部へ戻る