【カクテルコンペ】Giffard West Cup 2022 日本代表決定

「Giffard West Cup」は、世界的に知られるフランスの老舗リキュールメーカー、ジファールが主催する国際カクテルコンペティションだ。隔年開催で25年目を迎える今年は、日本初となる国内予選大会が7月25日、東京・XEX 日本橋 The Barで開かれた。全国200名以上の応募から、一次審査の書類選考を通過したファイナリスト10名のが参加し、競技に挑んだ。

大会テーマは「Listen to the Flavours」。音楽とバーテンディングの強い結びつきを表現するカクテルがテーマ。競技はひとりずつ行い、バーテンディング中は選手がセレクトした音楽が流される。選手たちは、カクテルのレシピやコンセプトも自身の口から解説しながら、審査員とゲストの前でアート性と躍動感あるカクテル造りを披露した。

優勝は東京の「Bar 霞町嵐」の竹田英和氏(写真中央)。日本代表に選ばれた竹田氏は2022年9月、ジファール創業の地フランスのアンジェで開催される世界決勝大会「ワールド ファイナル」に進出し、同じく予選を勝ち抜いてきた世界17か国の代表たちとの決勝に挑む。

関連記事

ページ上部へ戻る