日本ワイン醸造家・安蔵光弘氏をモデルとした映画「シグナチャー」クランクイン!

「ウスケボーイズ」を映画化した柿崎ゆうじ監督が、今回は脚本から手がけた日本ワイン映画「シグナチャー」が猛暑の8月4日に甲信地方にてクランクインした。全国公開予定は2022年。

 

今回の主人公のモデルは、安蔵光弘氏。シャトー・メルシャンのGMであり、山梨県ワイン酒造組合会長も務める人物だ。「ウスケボーイズ」でも夫妻で登場した麻井宇介(浅井昭吾)氏の愛弟子。

安蔵氏役を演じるのは平山浩行氏。安蔵正子氏役は、「ウスケボーイズ」と同じ竹島由夏氏。監督、主演・共演の二人、そして安蔵氏の4名が、シャトー・メルシャン勝沼ワイナリーにて開催された製作発表会でそれぞれの思いを語った。

 

実在する安蔵光弘役が決まったことを聞いた平山氏「主演のお話をいただいた時、率直に嬉しかったです。実在されている方を演じることは難しいこともあるのですが、演じるのが楽しみでしたし、監督の前作品『ウスケボーイズ』も観ていましたので、柿崎監督の世界に参加できることが嬉しかったです」。

安蔵光弘の妻・安蔵正子役を演じる共演の竹島氏「『ウスケボーイズ』に出演した時も安蔵さんの奥様である正子さんを演じさせていただきましたが、今回も同じ役を演じることができました。それが素直に嬉しかったです。4年前の『ウスケボーイズ』撮影で安蔵正子さんとご縁ができ、プライベートでもお付き合いさせていただいております。今回脚本を読んで、ご夫妻の絆の深さを改めて感じましたので、私がそこを演じるのだと思うと責任が生じてきました。二人の強い絆を多くの人に知っていただき、日本ワイン造りにこれだけの努力を重ねた方がいるのだと伝えていきたいです」

今作で脚本も手がけオリジナル作品に挑戦している柿崎監督「『ウスケボーイズ』で安蔵光弘さんとご縁をいただいてから、4年間にわたっていろんなお付き合いをさせていただいております。麻井宇介さんと安蔵光弘さんとの関係を聞くたびに、二人のことを中心にした物語を作りたいと思うようになりました。いま日本ワインブームがきておりますが、明治時代からいまに至るまで大勢の努力がいまの日本ワインを造っているのだなあとヒシヒシと感じております。日本ワインを造られている方々の努力を脚本にして、日本ワインの素晴らしさを世界に発信していき、造り手の想いを作品として作りあげたいと決意し撮影しております」

そして自身の半生が映画化された安蔵氏。「会社での生活が中心ですが、会社に入ってから現在に至るまでのお話になっています。メルシャンに入社して6〜7年目まで麻井宇介さんとの交流がありましたが、思い返しても麻井さんは素晴らしい人だったと思います。自分の人生というか半生が取り上げられるというよりも、日本ワインをつくる若い人たちに麻井さんとの交流をご紹介したいという気持ちでいっぱいです」。

続けて平山の印象を聞かれた安蔵氏は、「撮影の合間などにいろいろお話をさせていただき、あたたかみのある方だなあと。当時のことも、ワインの作業のことも聞いてくださるので、お話していてすごく楽しいです。そしてカッコイイ方だなあと思います。『安蔵さんよりかっこいいじゃない!』と今後言われそうです(笑)」と会場の笑いを誘った。

 

最後に皆様からメッセージをいただき、安蔵氏は、「山梨県のワイナリーの話ですので、山梨の方に是非観て欲しいです。そしてこれから日本ワインに興味をもってくださるかもしれない方に飲んでいただき、応援いただけたらと思いますし、日本ワインの造り手の皆様に観ていただきたいです」と語った。

監督は「『ウスケボーイズ』以来、山梨にくる機会も多く、ワインと触れ合う機会も多いです。家も山梨にありますので、今回撮影で滞在することになり、田舎に帰ってきたような子供の時の夏休みを過ごしているような気持ちがしています。ワインもキャストもこだわりながら撮っていますので、奥深い想いをスクリーンにおさめていきたいです。」と熱い想いを語った。

竹島氏は、「クランクインした8月4日は山梨が日本で一番暑い日でした。富士山もみえて、日本一のぶどうの産地で撮影できていることが、暑さよりも心を熱くする瞬間でした。平山さんとは初共演なのですが、お芝居に関する話し合いも気兼ねなくでき、相談しあって夫婦の関係を築きあげています。日本ワインを知らない方々が、日本だけでなく世界にもたくさんいると思います。その方々に作品を通じて、“日本ワインを造っている方の想いがつまったワイン”を知ってもらえたらと思います」と、平山氏と息ぴったりに夫婦を演じられていることなどを語った。

そして平山氏は、「全世界の人々に観ていただきたいです!若い方にも興味をもっていただいて、日本ワインの美味しさを味わってもらうことができたらなあと思います」と締めくくった。

(あらすじ)

1995年、東大大学院を卒業した安蔵は、ワインを作りたいという希望を叶えるために山梨県勝沼町にあるシャトーメルシャンに入社した。入社してからは畑の草刈りなどワインに触れる機会の無い日々を送る。そんな中、会社の大先輩でもあり日本ワイン業界を牽引する麻井宇介(浅井昭吾)と出会い、その見識の高さと人柄に傾倒していく。やがて、ワインの醸造にも携わる中で、ワイン造りを切磋琢磨する仲間に出会う。その中には後に安蔵の妻となる正子の存在もあった。 その後安蔵は本社への転勤のため現場を離れる事になる。しかし、その間に出会った名醸造家から日本ワインの将来を考えるきっかけを得て、さらに麻井からの推薦もあり1998年にワイナリーへ復帰を果たす。ワイン醸造の現場に戻った安蔵は理想のワインを造る為に、麻井の努力によって改植に成功した、長野県塩尻市にある欧州品種のメルローを醸造家自ら収穫・選果するという大胆な提案をする。渋る葡萄農家の説得や不測の怪我に見舞われ、悪戦苦闘しながらも2樽の特別なメルローを仕込むことに成功する。一方で正子はドメーヌのプロジェクトに突き進んでいたが、方向性の違いからプロジェクトに見切りをつけ人生の再設計を迫られている最中、安蔵と再会する。お互いにどこか惹かれる存在と意識していた2人は共に人生の歩みをスタートさせる。その後、安蔵はフランスのボルドーへの赴任も決まり、順風満帆にワイン造りに没頭する。そんな中、安蔵が仕込んだ特別なメルローのリリースが決定した。ラベルに自らシリアルナンバーを手書きする事から、【桔梗ヶ原メルロー シグナチャー1998】と命名される。その一方で麻井に病気の魔の手が迫る。余命宣告まで受けた麻井に安蔵と正子は衝撃を受ける。麻井は安蔵に「君が日本のワインを背負って行ってくれよ」と渾身の檄を送る。あれから15年―。麻井が理想とし追い求めた日本ワインに、安蔵も正子も追いつき追い越さんという想いでワイン造りに日々向き合っている。安蔵は麻井の想いを受け継ぎ【日本を世界の銘醸地】にするため、日本ワインの一致団結を掲げ奮闘する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

ピックアップ記事

2021-9-14

クロ・デ・ムーシュ100周年

ページ上部へ戻る